ゴーヤチャンプルーの付け合せにおすすめの1品をご紹介♪

スポンサードリンク


ゴーヤチャンプルーの付け合せにおすすめの1品をご紹介♪梅雨の時期が終わり、ギラギラ輝く太陽が眩しい夏がやってきました!

日本の夏といえば、酸味が食欲をそそる冷やし中華やスタミナ食と言われるうなぎ、スパイシーなカレーライスなどが定番ですが、沖縄県の郷土料理であるゴーヤチャンプルーも日本の夏には欠かせない鉄板料理となりつつあります。

ですが、ゴーヤチャンプルーだけではちょっぴり食卓も寂しいですよね。

そこで、今回ゴーヤチャンプルーと相性抜群な付け合せをご紹介したいと思います。

夏野菜の1つ「茄子」を用いた「茄子の煮浸し」



#jisui 茄子の煮浸し! / kimishowota


ゴーヤチャンプルーの付け合せとしてオススメなのが「茄子の煮浸し」です。


茄子は夏から秋にかけて旬を迎える夏野菜の1つであり、ゴーヤと並び夏バテ防止や高血圧予防などに効果があります。


また、茄子の表皮にはナスニンと呼ばれる色素成分が含まれており、さらに動脈硬化や抗ガン作用、老化防止に効果を発揮するポリフェノールも豊富に含有されています。


茄子の果肉はまるでスポンジのように油を吸収するので、リノール酸やビタミンEを含む植物由来のオイルを使用することで効率良く栄養素を摂取することが出来ます。


他にもカリウムやビタミンCも含有されているので、ゴーヤチャンプルーと共に茄子の煮浸しを摂取すれば夏バテ知らずな肉体を手に入れることが出来ます。


材料



・茄子:2本または3本
・醤油:大さじ1杯または2杯
・砂糖:大さじ1杯
・粉末タイプのだしの素:大さじ1/2杯
・水:200ml
・スライスした生姜:2枚


作り方



茄子に付着した汚れを綺麗に取り除き、一口サイズにカットします。このとき表皮に軽く切れ目を入れておくと味が浸み込みやすくなります。


醤油・砂糖などの調味料を全て混ぜ合わせておきます。


分量外の油を鍋に薄く敷き、カットした茄子を表皮の面を下にして炒めます。


④全体的に茄子が炒まったのを確認したら、事前に混ぜ合わせていた調味料を鍋に注ぎます。


鍋に蓋をしておよそ5分間弱火で煮詰めたら完成です。



スポンサードリンク


暑い夏もこれで乗り切れる!定番のスタミナ食「いんげんのニンニク炒め」



garlic,ニンニク / Dèsirèe Tonus


夏野菜であるニンニクといんげんをたっぷり使用した「いんげんのニンニク炒め」は疲労回復&スタミナ食としてゴーヤチャンプルーと共に夏バテを予防してくれます。


ニンニクには夏バテに効果のあるビタミンB1やカリウム、食物繊維にアリシン、鉄が含まれており、いんげんにもビタミンB1やB2をはじめ、カルシウムやカロチン、カリウムに食物繊維が含まれています。


そのため、免疫力を向上させ、高血圧の改善や予防、便秘解消などといった効果が得られます。


また、ゴーヤチャンプルーとの相性も良く、付け合せには最適です!


材料



・いんげん:およそ30本
・ニンニク:3片(多い方が好きな方は増やしても構いません。)
・サラダ油:適量


・醤油:大さじ1杯+1/2杯
・みりん:大さじ1杯
・料理酒:大さじ1杯
・砂糖:小さじ1杯


作り方



いんげんはお湯でサッと下茹でしておき、ザルに揚げて両端を切り落としておきましょう。


☆の調味料は事前に混ぜ合わせておきます。


お好みの量のニンニクを少し厚めにスライスしておきます。


フライパンにサラダ油を注ぎ、スライスしたニンニクを香気が出るまで中火で炒めてゆきます。


ニンニクの良い香りが漂ってきたらいんげんを投入し、さらに炒めてゆきます。


いんげんにニンニクの良い香りが付加されたら、事前に混ぜ合わせておいた☆を加えて炒め煮します。


ニンニクがほくほくしてきたと感じたら、火を止めて器に盛り付けたら完成です。



沖縄県の郷土料理「ヒラヤーチー」をご紹介!



_3170101.jpg / snotch


沖縄県の郷土料理であるゴーヤチャンプルーを「ヒラヤーチー」と共に召し上がるのもお勧めです♪


ヒラヤーチーとは、沖縄県の家庭料理の1つです。作り方は至ってシンプルで、水または出汁で溶いた小麦粉にニラやネギなどを加え、熱したフライパンで両面をこんがりと焼き、最後にソースをかけた粉もの料理です。


お好み焼きやチヂミのような見た目をしており、沖縄県では自然災害などで外へ出ることが出来ない場合によく食べられるそうです。


ゴーヤチャンプルーとの相性も良く、手軽に作れることから付け合せに悩んだ際によく用いられます。


材料



・小麦粉:60g
・ツナ:15g
・ニラ:5g
・食塩:小さじ1/2杯
・水:100g
・ウスターソース:適量


作り方



小麦粉・ツナ・ニラ・塩・水をボウルに投入し、しっかり混ぜ合わせます。


熱したフライパンに分量外の油を薄く敷き、①を注いでこんがりと焼き色が付くまで焼きます。


両面しっかり焼けたら、お皿に盛り、ウスターソースをかけて完成です。



お好み焼き同様、チーズやお餅、キムチなど様々な食材を加えてオリジナルのヒラヤーチーを作ることも可能です。



まとめ



ゴーヤチャンプルーは夏バテ予防に最適な料理ですが、いつも付け合せに困っていたお母さんも多かったはずです。


今年の夏は夏野菜をたっぷり使用した付け合せと共に、美容と健康に優れた効果や効能を発揮するゴーヤチャンプルーを食べて暑い夏を乗り切りましょう!



スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中

おすすめカテゴリー記事

リンク