フライパンで作れる「揚げないトンカツ」を作る方法とは?

スポンサードリンク


フライパンで作れる「揚げないトンカツ」を作る方法とは?年々健康志向の方々が増加傾向にあり、ヘルシーで低カロリーな料理に人気が集まっています。しかし、スムージーやドライフルーツ、春雨、ローファットグラノーラなどヘルシーそうに見えて意外と高カロリーな食べ物って多いのです。

特に焼き肉やから揚げといった肉料理は高カロリーなものが多く、中でもトンカツはたっぷりの油でこんがりとキツネ色になるまで揚げるうえ、使用する豚ロースは100gあたり263kcalと意外と高いため、ハイカロリーの代表的存在となっています。


Tonkatsu, トンカツ / ivva


しかし、そんなハイカロリーなトンカツもジュワっと油で揚げるのではなく、フライパン1つで揚げずにトンカツを作る方法があります!


今回は、揚げないトンカツの作り方と太りにくいトンカツの食べ方をご紹介します。



揚げないトンカツの作り方♪



トンカツを外食で召し上がると、1食で1000kcalを越えるため、1日の摂取カロリーを大幅にオーバーしてしまうことも多いため、ダイエット中の方はなかなか手が出せません。


しかし、今回ご紹介する「揚げずにトンカツを作る方法」によって大幅にカロリーカットが出来ますので、ダイエット中の方でも安心して召し上がることが出来ます!


材料



・トンカツ専用の豚肉:人数分
・パン粉:お好み
・卵:お好み
・小麦粉:お好み
・食塩:お好み
・胡椒:お好み


作り方



①テフロン加工が施されたフライパンにパン粉を投入し、弱火でじっくり煎ってゆきます。

※このときパン粉を焦がさないように気を付けましょう。


②パン粉がきつね色になってきたらお皿に移します。


③トンカツ専用の豚肉に塩とコショウで味付けします。使用する豚肉が肉厚の場合、脂身と赤身の間に細かい切り込みを裏表に入れておきます。


④鍋にお湯を沸かし、味付けをした豚肉を茹でます。


⑤水気を切ったら、小麦粉・卵・焼いたパン粉の順で衣をつけてゆき、トースターで4分から5分ほど焼いたら完成です。


もっとカロリーを抑えたいという方は、少量の小麦粉を水で溶いておき、衣を付けるとオススメです。


また、お弁当のおかずとしてトンカツを使用したい方は、パン粉を付けた状態で密閉袋に入れ、内部の空気をしっかり抜き取って冷凍庫で保存し、翌朝トースターで解凍&焼きを同時に行えば時短トンカツの完成です♪



スポンサードリンク


トンカツを食べても太らないようにするには?



トンカツ! / CoconutRyo


豚肉は、ロースならば100gあたり263kcal、ヒレならば100gあたり115kcalと大きな差があります。


しかし、トンカツにしてしまうと、ヒレもロースも同等のカロリーとなりますので、ヒレを使ってヘルシーなトンカツが出来ると思っていた方は注意が必要です。


なぜ、ヒレもロールもカロリーが変わらないかと言いますと、脂身がほどよく乗っているロールは油の吸収が鈍いのですが、ヒレの場合脂身が少ないため、揚げている間、どんどん油を吸収してしまうからです。


さらに、ヒレの方が外部の油を吸収するため、ロースよりもコレステロール値が上昇しやすいという欠点があります。しかし、使用する油によってはコレステロール値の上昇を抑制させることも可能です。


では、トンカツを食べても太りにくくする方法をご紹介します。



それは「トンカツを食べる前に生のキャベツをたっぷり食べておくこと」です。


キャベツの千切りは200gあたりたったの46kcalしかありません。さらに、キャベツにはキャベジンと呼ばれるビタミンUが豊富に含まれれているため、胃粘膜の修復や胃のむかつきを補助する働きがあり、さらに摂取したカロリーを燃焼させる効果や脂分の吸収を抑える効能がありますので、トンカツを食べる際はキャベツの千切りから召し上がるようにしましょう。


トンカツは食べ方次第ではカロリーを抑えることが出来ます。


フライパン1つで大きく摂取カロリーが変わること、キャベツの千切りの大切さを覚えておくとダイエット中でもお肉が食べたくなったときに役に立つので、記憶の片隅に留めておきましょう。



スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中

おすすめカテゴリー記事