おふくろの味「味噌汁」の具材で人気の組み合わせはこれ!

スポンサードリンク


おふくろの味「味噌汁」の具材で人気の組み合わせはこれ!

家庭によって味や具材が異なる味噌汁は和食を代表する料理の1つです。


今までおふくろの味といえば「肉じゃが」と言われ続けてきましたが、最近ではホッとする優しい味わいと心がポカポカ温かくなるお味噌汁をおふくろの味と答える方も大勢いらっしゃいます。


特に疲れたときや寒さの厳しい冬の季節は、温かいお味噌汁が飲みたいと思いますよね。そんなお味噌汁に皆さんはどんな具材を入れていますか?


そこで、今回は家庭によって様々な味わいを持つ味噌汁の具材で人気の組み合わせをご紹介したいと思います。



お味噌汁の具材の組み合わせ人気ランキング!



Sushi Isshin 鮨 一新 あさりの味噌汁 / Norio.NAKAYAMA


お味噌汁の具材といえば、豆腐・わかめ・ネギ・油揚げ・大根が定番であり、あさりやしじみなどの貝類やなめこ、じゃがいも、ほうれん草などはアレンジ食材として使用されています。


そんなお味噌汁の具材には、鉄板の組み合わせがあることをご存知ですか?


そこでお味噌汁の具材の組み合わせランキングをここでご紹介したいと思います!


第1位「豆腐×わかめ」


お味噌汁の具材で人気の高い2トップを組み合わせたお味噌汁は日本各地で用いられている鉄板組み合わせです。+1品してアレンジを加えるお母さんもおられますが、豆腐の優しい甘みとわかめ独特の食感が堪らないシンプルながらもクセになるお味噌汁となっています。ほかほかごはんとの相性も抜群です!


第2位「豆腐×わかめ×長ネギ」


豆腐とわかめの鉄板組み合わせに長ネギをプラスしたオリジナリティ溢れるお味噌汁の具材です。長ネギといえば、独特のシャキシャキした食感と出汁が染み込み、味噌汁の旨味を思う存分感じることができることから人気があります。また、豆腐とわかめとの相性も抜群なので、豆腐とわかめの組み合わせにちょっぴり飽きてきたなと感じたら長ネギを加えてみてはいかがでしょうか。


第3位「油揚げ×大根」


味噌汁の出汁が染み込むため、口のなかに入れると中からじゅわ~っと旨味が溢れ出てくる油揚げとホクホク感と浸み込んだ出汁が口いっぱいに広がる大根の組み合わせはお味噌汁を心行くまで堪能したいという方にオススメの組み合わせです。



他にも「玉ねぎ×ベーコン」という洋風な組み合わせや「キムチ×ネギ」のピリ辛な組み合わせなどユニークな具材も多く、定番にこだわらず、オリジナリティ溢れるお味噌汁を楽しんでいる方々も大勢いらっしゃいます。


是非、好きな食材を使って様々なお味噌汁を作ってみてはいかがでしょうか。



スポンサードリンク


お味噌汁にも合ったNG組み合わせ



味噌汁 / is_kyoto_jp


お味噌汁といえば、冷蔵庫や野菜室にある余った食材を使って作るお母さん方も多いかと思いますが、実はお味噌汁にもNGな食材の組み合わせというものがあり、健康のために飲んでいたお味噌汁が原因で体調を悪くしてしまうという可能性があります。


その組み合わせとは、「ネギ×わかめ」と「わかめ×ほうれん草」です。


定番の組み合わせですが、実はこの2つのお味噌汁はあまりオススメできません。


「ネギ×わかめ」の場合、ネギの成分がわかめの成分を体内に吸収されるのを阻害するため、わかめの持つ優れた栄養素は体外に排出されてしまうのです。身体に悪いというよりも、せっかく摂取した栄養素を体外へそのまま排出してしまうのはとってももったいないことですので、この組み合わせは避けましょう。


「わかめ×ほうれん草」の場合、わかめのカルシウムがほうれん草のシュウ酸と結合することで結石の原因となるシュウ酸カルシウムが生成され、健康を害する危険性があります。ですので、ほうれん草とわかめのお味噌汁は極力避けた方が良いでしょう。


他にも相性の良くない食材はいくつかございますので、お味噌汁を作る際は食材の相性を見てから作ることをオススメします。



まとめ


今回はお味噌汁の具材で人気の組み合わせやNGな組み合わせをご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか?


これから寒さも厳しくなってきますので、是非お味噌汁を飲んで心と身体をポカポカ温めて寒い冬を乗り切りましょう!


スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中

おすすめカテゴリー記事