オクラの栄養素で夏バテが解消できるって本当!?気になる効果のほどは如何に!

スポンサードリンク


オクラの栄養素で夏バテが解消できるって本当!?気になる効果のほどは如何に!

日本の夏は高温多湿のため、ジメッとした蒸し暑さが特徴です。


そのため、身体が正常に機能せず、夏バテを引き起こすという方も大勢いらっしゃいます。


特に温暖化の影響で、日本だけではなく世界各国で異常気象となっており、インドでは5月にも関わらず、気温40度を越す日が連日続き、多数の死者が出るなど、今年は特に暑さへと対処をしっかりと行っておく必要があります。


夏バテを防ぐには、良質なタンパク質・ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンC・ビタミンE・マグネシウム・硫化アリル・ムチン・クエン酸などを摂取する必要があるのですが、これらの栄養成分をバランスよく摂取することが重要となります。


ですが、どの食べ物に何が含まれているのか分からないという方もいらっしゃるかと思いますので、今回は夏バテを解消することができる夏野菜「オクラ」にスポットライトを当て、気になる効果や効能をご紹介したいと思います。



オクラが夏バテ予防に効果がある理由とは?



DSC05101.JPG / hide10


オクラと言えば、生・煮る・焼く・茹でる・揚げる・炒めるなど、いかなる調理法や味付けでもおいしく食べることができる万能野菜です。


オクラは100gあたりおよそ30kcalとヘルシーな食材で、しかもカロテンやビタミンB郡、ビタミンCにビタミンEといったビタミン類も豊富に含んでおり、マグネシウムやカルシウム、葉酸なども含有されているので、女性に優しい野菜とも言われています。



オクラといえば、カットしたときに現れる納豆のような粘りが特徴ですが、この粘りは「ムチン」と呼ばれる糖とタンパク質が結合したものであり、この成分と水溶性の食物繊維「ペクチン」や「ガラクタン」が混ざり合うことで発生します。



スポンサードリンク


なぜ夏バテ解消に効果があるのか?



オクラ / Takanori Ishikawa


さて、栄養満点な夏野菜“オクラ”ですが、なぜ夏バテ解消に効果があると言われているのかご存知ですか。


オクラが夏バテ解消に効果があると言われる所以は、このムチンという栄養成分がカギを握っています。


ムチンは、鰻やドジョウ、貝類などにも含有されている意外とポピュラーな栄養素であり、胃粘膜のプロテクト作用やタンパク質の消化および吸収をサポートする働きがあります。


これらの効果や効能は、夏の暑さによって弱ってしまった胃や腸の働きが活性化することができ、体力の回復を図ることができるため、オクラは夏バテの予防や解消に効果があるとされるのです。



特に気温30度を超える日が連日続くと、キンキンに冷えた飲み物や冷やし中華や素麺、アイスクリームといった冷たい食べ物を摂取する機会が増えます。


冷たい飲み物や食べ物は、胃や腸を弱らせる作用があるため、夏バテを引き起こす原因のひとつとなっています。



胃や腸が弱った状態では、夏を健やかに乗り切ることはできません。今日はちょっぴり食欲が無いなと感じるときは、胃や腸が弱っている可能性がありますので、オクラを使った料理を食べて、胃腸を元気な状態に戻してあげましょう。



まとめ


今回はオクラの栄養素で夏バテを解消することができるか否かをご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。


オクラに含有されているムチンには、夏バテを解消するほか、胃炎や胃潰瘍の予防・粘膜強化・便秘解消にも効果が期待されておりますので、この夏、積極的に摂取して頂きたい食材でもあります。


ですが、オクラを食べているから夏バテにならないというわけではありません。


オクラには、健康と美容維持に効果のあるビタミン類やミネラル類などが豊富に含有されておりますが、肉や魚、その他の野菜や果物などと共に組み合わせ、バランスよく摂取することで初めて効果や効能が得られるのです。


夏バテの予防や解消する際は、栄養バランスの整った食事と共に睡眠や適度な運動を心掛け、こまめな水分補給を行うようにしましょう。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中

おすすめカテゴリー記事