スムージーダイエットは本当に効果があるの?正しいやり方と落とし穴とは!?

スポンサードリンク


スムージーダイエットは本当に効果があるの?正しいやり方と落とし穴とは!?

若者を中心に絶大な人気を誇るレディーガガさんといえば、たった2ヶ月で-13kgの減量に成功し、世界中のファンを驚かせました。


そんな彼女が取り組んだダイエット方法というのが「スムージー」でした。


スムージーによるダイエット法は、レディーガガさんだけではありません。


ヴィクトリア・ベッカムさんなどの海外セレブや道端ジェシカさん、優香さん、SHIHOさんといった日本の女性著名人の方々のあいだでもブームとなり、彼女たちのようにスリムで美しいボディを手に入れたいという世界中の女性たちが、このスムージーダイエットに取り組むようになりました。


さて、そんなスムージーダイエットですが、実際どのくらいの方々がチャレンジし、効果を得られたのか気になりますよね。


そこで、今回は、スムージーダイエットは本当に効果があるのか、そして正しいダイエット方法と意外と知られていない落とし穴についてご説明します。



スムージーダイエットは本当に効果があるのか!?



Green Smoothie グリーンスムージー 7-22-2014 / Cool-Rock.com


スムージーダイエットを行った方々は男女合わせて1000人以上おられますが、実際どのくらいの効果があったのか気になりますよね。


そもそもスムージーダイエットをはじめたきっかけは、男女共に「健康のため」と答える方が圧倒的に多く、その次に多いのが男性は「食事時間の短縮」、女性は「美容」となっています。


ダイエットを目的としてスムージーを始めたという方は意外に少なく、男性は手軽に野菜不足を補うことができるところに魅力を感じ、女性はビタミン類やミネラル類、食物繊維がバランスよく含まれていることに魅力を感じているようです。


しかし、スムージーを飲み続けるにあたり、材料を揃えるのが大変、機材のお手入れが面倒、そして身体を冷やす作用があるといったことから長期間続けることが困難となり、平均1ヶ月ほどで止めてしまうという方が多く、1年以上続けているという方は、極少数となっています。


また、ほとんどの方が「結果を実感することが出来なかった」と話しており、残念な結果となっています。


スムージーでダイエット効果を得るためには、スムージーの材料選びや飲み方、飲む時間帯などがとても深く関わっており、いつ飲んでも良いというわけではありません。


では、スムージーダイエットを成功へ導くための正しいやり方をご説明しましょう。



スポンサードリンク


スムージーダイエットを成功させるためのポイントとは!?



Avocado-banana-spinach smoothie アボカドとバナナ、ほうれん草のスムージー / naotakem


スムージーダイエットを成功させるためには、食材選び・飲み方・摂取のタイミングがポイントとなります。


食材の選び方


スムージーダイエットを成功させるためには、食物繊維が豊富に含有されている葉野菜を使用するのがポイントです。


食物繊維といえば、ニンジンやキャベツ、カリフラワーというイメージが強いですが、これらの野菜はデンプン質が豊富に含まれる野菜のため、腸内にガスが溜まりやすくなり、果物との相性も良くないので、スムージーダイエットには向かない食材となっています。


食物繊維を豊富に含む葉野菜のなかで、最もオススメなのが、ケールやほうれん草です。これらの野菜は果物との相性も良く、腹持ちが良いのでダイエットに最適です。


スムージーを作る際は、必ず野菜も果物も丸ごと使用するのが望ましいと言われており、皮ごと食べても問題の無い野菜や果物を使うようにしましょう。


飲み方


野菜に含まれる酵素は、40分ほどで胃や腸に吸収されるため、スムージーを飲んだ後は40分間何も食べてはいけません。オススメの飲み方は、スムージーを1日に数回かけて摂取することです。


おやつ代わりにスムージーを飲むことで空腹のおなかを満たすことで、ダイエット中のストレスを緩和することができます。


特に胃腸に負担のかかるごはんの前にスムージーを摂取しておくことで、胃腸の働きが活発になり、ダイエット効果が得やすいと言います。


飲む時間帯


スムージーを飲む時間帯は、朝が良いとされています。スムージーを朝に飲むことで便秘が解消されますし、置き換えダイエットとしても効果を発揮します。


また、飲み方でもご紹介したとおり、夕飯の40分前に摂取することで食事量が減少し、効率良くダイエットを行うことができます。



スムージーダイエットの落とし穴!



smoothie / スムージー / Kanko*


スムージーダイエットは、良いことばかりではありません。


毎朝スムージーを飲んでいる・野菜よりも野菜ジュースが好き・1日の食事のほとんどが液状食材・便秘がち・お肉を食べると胃もたれが起こる・野菜不足と感じているなど、このような悩みを抱えている方は食事の改善が必要となります。


スムージー発祥の地として知られるアメリカでは、スムージーに関して異を唱える学者も増えており、健康や美容に関する新たなリスクを生む危険性があると指摘しています。


実はスムージーに含まれる栄養素の多くが炭水化物であり、タンブラー1杯に含まれているタンパク質や脂質の量は微量だということが明らかになり、非常に栄養の偏った飲み物であると分かったのです。


さらに、スムージーに使用されている食材のほとんどがフルーツであり、野菜不足を解消することが出来ていないということも判明したのです。


スムージーを飲んでダイエットに成功したという方も大勢いらっしゃいますが、痩せた理由は総カロリーが非常に低く、1杯でたったの200kcalほどしかないため、1日のエネルギー摂取量が減少したことで体重が減っただけだったのです。


スムージーを長く飲み続けてしまうと、栄養バランスは偏り、内臓を老けさせる要因となりかねないという医師も現れています。


ドロドロとした液状のスムージーは流動食に分類されるため、消化しやすいというメリットがありますが、その一方で消化能力が低下し、食道や胃腸の筋肉を衰えさせ、咀嚼を行わないことで唾液の分泌が減少し、腸の蠕動運動なども鈍くなり、便秘を誘発させてしまう恐れがあります。



スムージーはダイエットに効果的だと言われておりますが、実際は身体を冷やし、痩せにくい体質にしてしまい、美容と健康を害する危険性もありますので、これからスムージーを飲まれる際は、しっかりと知識を付けてから取り組むようにしましょう。


スポンサードリンク

    関連記事

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    スポンサードリンク

    人気ブログランキング参加中

    おすすめカテゴリー記事

    リンク