世界から注目を集める、今話題の豆腐スイーツにダイエット効果はあるのか!?

スポンサードリンク


世界から注目を集める、今話題の豆腐スイーツにダイエット効果はあるのか!?

いま日本の伝統料理“和食”が、世界各国でブームとなっています。


これは、平成25年12月に「和食:日本人の伝統的な食文化」がユネスコ無形文化遺産へ登録されたことが理由だと言われておりますが、それ以前から海外セレブや健康志向の方を中心にヘルシーな日本食が注目を集めており、今では「ジャパニーズ・スーパーフード」と呼ばれる抹茶や味噌、納豆など豊富な栄養素を含む食べ物も海外へ積極的に輸出されています。


さて、そんな日本食に欠かせない代表的な食べ物と言えば、「豆腐」ですよね!


現在BIO意識の高いフランスや医療先進国と称されるドイツやアメリカなどの欧米では、豆腐の需要が右肩上がりとなっており、お肉の代用品としてたいへん重宝されているそうです。


また、日本国内では2015年頃から豆腐を原材料に使用した「豆腐スイーツ」がダイエット中の方や健康志向の方々を中心に人気を集めています。


そこで、今回は世界から注目を集める“豆腐”を使った、話題の豆腐スイーツにダイエット効果があるのか否かをご紹介したいと思います。



豆腐スイーツの気になるカロリー



杏仁豆腐 / akira yamada


ドーナッツやケーキ、プリンにマカロン、チョコレートなど、この世には甘くておいしいスイーツがたくさんあり、甘いものには目が無いスイーツ男子&女子たちの心をガッチリと鷲掴みし、メロメロにさせています。


ですが、甘くておいしいスイーツたちには、肥満の原因となるバターや砂糖といった素材がたっぷり使用されており、おいしいからといって食べ過ぎてしまうと、1日の摂取カロリーを軽くオーバーしてしまいます。


ですが、スイーツに使用されている素材を低カロリーなものに置き換えるだけで、高カロリーなスイーツもヘルシーなスイーツへと変身させることが可能となっています。


その低カロリーな食材というのが、私たち日本人にとっても馴染みの深い「豆腐」なのです。


スイーツ作りに欠かせない素材として、バター・クリームチーズ・生クリームなどが挙げられますが、これらの100gあたりのカロリーを皆さんはご存知ですか。


実は、バター100gあたりおよそ750kcal・クリームチーズ100gあたりおよそ346kcal・生クリーム100gあたりおよそ433kcalとなっており、対するお豆腐のカロリーは、絹ごし豆腐ならば100gあたり約56kcal、木綿豆腐ならば100gあたり約76kcalと100kcalにも満たず、特に絹ごし豆腐は口当たりが柔らかく、きめ細かいため、スイーツ作りの材料にピッタリな素材として女性から高い支持を得ています。



ですので、バターと生クリームの代わりに絹ごし豆腐を使ったガトーショコラの場合、-350kcalのカロリーダウンとなり、ごはん2膳分のカロリーをカットすることに成功します。


ほかにも、バナナブラウニーに使用されるバターと砂糖をカットして豆腐に置き換えると-760kcal、レアチーズケーキに使用されているクリームチーズを豆腐に置き換え、生クリームの量を減らすだけで-900kcalになります。


バターや砂糖などを使用しないだけで、数百kcalも削減できるというのは、とっても大きいですよね。


特にダイエット中は甘いものが食べられないというストレスから、イライラしやすくなり、周りの方々に迷惑をかけてしまう恐れがありますが、豆腐を使ったスイーツならば、ダイエット中でも気軽に食べられるため、ストレスフリーでダイエットを行うことができます。



スポンサードリンク


豆腐スイーツの落とし穴とは?



豆腐ドーナッツ / Shinichi Haramizu


とってもヘルシーな豆腐スイーツは、今やダイエッターの方々の救世主としてたいへん重宝されており、日本最大級の料理レシピサイト「cookpad」や「楽天レシピ」などには、数多くの豆腐スイーツレシピが投稿されており、空前の豆腐スイーツブームとなっています。


確かにヘルシーな豆腐スイーツですが、食べ過ぎればカロリーオーバーになってしまうため、低カロリーだからたくさん食べても良いというわけではありません。



以前、多数の芸能人の方々が豆腐ダイエットを行っておりましたが、豆腐の味に飽きてしまい、消化吸収が良いため腹持ちが悪く、質素な味わいのため、コッテリとした料理が無性に食べたくなるというデメリットがありました。


豆腐を食べ続ける際は、様々な豆腐料理のバリエーションを用意し、和洋折衷様々なスイーツやお料理を作り続けることがダイエット成功の秘訣となります。また、腹持ちメインならば木綿豆腐、タンパク質やビタミン、ミネラルを優先的に摂取したいという場合は絹ごし豆腐を使ったスイーツを作るのがオススメです。



まとめ


今回、豆腐スイーツには、ダイエット効果があるのか否かについてご説明させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。


豆腐には血圧の上昇を抑える大豆タンパク質や血流の流れをスムーズにさせる大豆レシチン、脂肪の蓄積を予防する大豆サポニン、女性ホルモンの1種である大豆イソフラボンなど豊富な栄養素がぎっしり詰まっています。


世界が注目する超ヘルシー食材“豆腐”を使ったスイーツで、ストレスフリーなダイエットを行い、身体の内側からキレイになりましょう。


スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事