冷凍食品のカニクリームコロッケを上手に揚げる方法とコツを大公開!

スポンサードリンク


冷凍食品のカニクリームコロッケを上手に揚げる方法とコツを大公開!

2013年12月に世界無形文化遺産に登録された「和食」ですが、現代日本人のおよそ80%近くの人々が、ハンバーグ・カレー・ナポリタン・ステーキ・オムライスなどの洋食を好んで食べていると言われています。


特にドリアやグラタンといったクリーミーな洋食は、女性を中心に人気を集めており、冬の味覚であるカニの身をたっぷり使用した濃厚なカニクリームコロッケは、お弁当や夕ご飯の定番おかずとなりつつあります。


しかし、カニクリームコロッケを自宅で手作りしようとすると意外と難しく、「クリームが焦げたりダマになる」「タネが軟らかくなってしまった」「揚げている最中に爆発してしまった」など様々な失敗談を耳にします。


そのため、冷凍食品のカニクリームコロッケを購入し、夕ご飯やお弁当のおかずにしようとお考えの方もいらっしゃいますが、なんと冷凍のカニクリームコロッケが爆発したという情報がTwitterやブロクなどに多数書き込まれており、なかにはトラウマになってしまったという方もおられます。


そこで、今回は冷凍食品のカニクリームコロッケを上手に揚げる方法とコツをご紹介します。



冷凍カニクリームコロッケが爆発してしまう理由とは?



カニクリームコロッケ / dreamcat115


冷凍カニクリームコロッケが揚げているあいだに爆発してしまった主な原因は3つです。

①温度差


コロッケは、揚げると衣内部の温度が高くなり、膨張を始めます。この膨張を食い止めるためには、衣が油でしっかり上がっていなければなりません。


冷凍庫から取り出したカニクリームコロッケの場合、中の温度と外の温度に大きな差が生まれるため、衣が上がる前に中身が膨張し、飛び出してきてしまうのです。中と外の温度を均一にすることで、冷凍カニクリームコロッケの爆発を防ぐことができます。


②揚げ油の温度


冷凍カニクリームコロッケを揚げる際、皆さんは揚げ油の温度をどのくらいに保っていますか。実は、コロッケが爆発する原因は揚げ油の温度も少なからず影響しているのです。


冷凍カニクリームコロッケを揚げる場合、適正温度は175℃~180℃となります。揚げ油の温度が160℃の低温だったり、190℃以上の高温の場合は、爆発の原因となりますので、油の温度を計測する温度計を必ず購入しておきましょう。


ちなみに、175℃~180℃の温度を目測される際は、衣を落として途中まで沈んでから浮き上がってくるのを目安にされるのがオススメです。


③水分


冷凍カニクリームコロッケの中と外の温度を均一にする際、解凍される方もいらっしゃいます。実は、コロッケを解凍してしまうとコロッケの水分が増えてしまうため、爆発を誘発させる原因となります。


また、長期間冷凍庫に保存していたコロッケに霜が付いている場合も爆発の原因となりますので、出来れば2ケ月以内に食べ切ってしまいましょう。



他にも冷凍カニクリームコロッケを揚げる際の注意点が多々ございますので、チェックリストにしてみました。



【冷凍カニクリームコロッケを揚げる前のチェックリスト】


□霜が付着していないか。

解決法:霜が付着したコロッケを水にサッとくぐらせ、キッチンタオルなどで表面を拭き取る。


□解凍しているかどうか。

解決法:衣がふにゃふにゃの場合は揚げず、カチコチの状態で油に入れる。


□揚げ油の温度は180℃前後かどうか。

解決法:専用の温度計で計測すること。


□揚げる個数は2個から3個まで。
解決法:適温で揚げたとしても冷凍されたコロッケをたくさん入れてしまうと油の温度が下がってしまいます。多くても3個までにしましょう。


□揚げているあいだは触れないこと。
解決法:衣が固まっていないコロッケを菜箸で突いてしまうと爆発する恐れがあります。揚がるまでじっと待ちましょう。



スポンサードリンク


冷凍カニクリームコロッケを上手に揚げるコツとは?



Crab cream coroquette / fjt0318


冷凍カニクリームコロッケを上手に揚げるコツは、5つあります。

①冷凍庫から取り出してすぐに揚げること。


コロッケの中と外の温度を均一にするために、常温で解凍される方もおられますが、これではコロッケ内部に水分が溜まってしまい、爆発の原因となります。おいしいコロッケを揚げるためには、カチコチに凍った状態で揚げるのが1番です。


②揚げる直前にパン粉をまぶすこと。


冷凍カニクリームコロッケを冷凍庫から取り出してすぐに揚げ油に入れるのではなく、パン粉や小麦粉、片栗粉などをまぶしておくと、爆発の発生率を低下させることができます。また、万が一、爆発したとしても、振りかけたパン粉や小麦粉が防いでくれますので、予防策として事前に行っておくことをオススメします。


③解凍は電子レンジで行うこと。


カチコチの冷凍カニクリームコロッケをそのまま揚げ油の中に入れてしまうと衣よりも中身の方が先に温まってしまうため、膨張し、爆発します。


ですが、自然解凍してしまうと、中に水分が溜まってしまうため、ここは電子レンジでパッと解凍してしまいましょう。電子レンジの種類にもよりますが、平均1分ほどで内外の温度の差が埋まりますので、ほんのりと温まる程度まで加熱しましょう。


④コロッケを同時に揚げる際は、最大3つまで!


高温に熱した揚げ油の中に冷たいカニクリームコロッケをたくさん入れてしまうと、油の温度が下がってしまいます。冷凍コロッケを揚げる際の適温は180℃前後ですので、それ以下になってしまうと爆発の原因となります。どんなに急いでいても、3つ以上は揚げ油の中に入れないようにしましょう。


⑤揚げ油が冷たいうちから揚げる!


どのような対策を行っても冷凍コロッケが爆発してしまうという場合、常温の油から揚げてゆくのがオススメです。まず、揚げ物鍋に冷凍コロッケを重ならないように入れます。コロッケが隠れるくらいの常温の油を注ぎ入れ、中火にかけます。あとはコロッケがカラッと揚がるまで待つだけです。

冷凍カニクリームコロッケを油で揚げるのが怖いという方は、トースターを活用したり、電子レンジで解凍してからフライパンで焼くのがオススメです。また、ちょっぴり値は張りますが、水蒸気のパワーで調理を行ってくれるヘルシオを使って揚げるのも1つの手です。



まとめ


今回は冷凍カニクリームコロッケを上手に揚げる方法やコツについてご説明させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。


ご紹介させて頂いた方法は、カニクリームコロッケだけではなく、全ての冷凍コロッケに応用することが出来ますので、冷凍コロッケを購入された方は、是非、参考にして頂けますと幸いです。


スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事