雑炊を食べるダイエット方法に効果はあるの?

スポンサードリンク


雑炊を食べるダイエット方法に効果はあるの?

近年、冬の定番メニュー「鍋料理」の“しめ”として人気の雑炊が、ダイエットサポート料理として注目を集めていることをご存知ですか。


「雑炊ってごはんでしょ?本当にダイエット効果が得られるの?」と疑問に思われる方も大勢いらっしゃるかと思います。


雑炊を用いたダイエット法は、鶏ささみや蕎麦などと同じく、1日3食のうち1食を雑炊に変更する置き換えダイエットに分類されており、誰でも気軽に始めることができます。


置き換えダイエットのデメリット


ですが、置き換えダイエットには1つデメリットがあります。それは、ヘルシーさゆえの“物足りなさ”です。


鶏ささみや蕎麦などのヘルシー食材は、満腹感が得られにくいため、時間が経つとお腹が減ってしまい、ついつい間食をしてしまうという方もいらっしゃいます。これでは、ダイエット効果を得ることはできません。


しかし、雑炊ならば、ごはんと野菜や卵、魚介類などが豊富に含まれておりますので、1杯食べただけで満腹感が得られますし、精白米1合分のごはんをコトコト煮込んで作られるため、1食あたりのおこめの量が1/2合となり、摂取カロリーも減らすことができます。


ちなみに、雑炊1食分のカロリーは使用されている具材によって異なりますが、平均180kcal~300kcalほどですので、いつも食べているごはんよりも低カロリーとなります。


ただし、雑炊をダイエットに用いる場合、1日3食のうち1食を置き換えるだけではダイエット効果を得ることはできません。そこで、今回は雑炊を食べるダイエット方法の正しいやり方についてご説明したいと思います。



雑炊ダイエットの気になる効果・効能



雑炊 / Koji Horaguchi


では、さっそく雑炊でダイエットを行うことで得られる効果についてご紹介します。


雑炊ダイエットで得られる効果


・水分を豊富に含んでいるため、摂取量が大幅にカットされ、満腹感を得やすい。
・温かい食べ物である雑炊は、胃腸への負担が少ない。
・体温が高くなるため、免疫力がアップする。
・身体が温まることで血行促進効果が得られ、脂肪燃焼作用が得られる。
・腸の蠕動運動が活発になり、便秘を解消することができる。
・使用する食材によって栄養面もカバーできる。
・アレンジしやすいので、飽きずに最後まで続けることができる。


身体にストレスを与えずにダイエット効果が得られるのは魅力的ですが、雑炊を作る際に気を付けなければならない点が幾つかございます。


まず、雑炊を作るときですが、高カロリーの食材を使用したり、濃い味付けにならないように気を付けましょう。


低カロリーな雑炊ですが、脂身の多いお肉などを使ってしまうと高カロリーな雑炊になってしまうため、ダイエット効果が得られなくなってしまいます。また、雑炊は、あっさりとした淡白な食べ物ですので、醤油などの調味料を加えて味付けを濃くしてしまうと塩分過多になってしまいますので、味付けは植物性の出汁を活用するようにしましょう。


雑炊を食べるときは、口内が火傷しない程度に温めてから召し上がるようにしましょう。温めることで早食いを防止することが出来ますし、ゆっくり良く噛んで食べることができるようになります。


雑炊はサラッと飲み込んで食べる方も多いので、根野菜やキノコ類、こんにゃくなど歯ごたえのある食材を具材として用いると自然に咀嚼回数を増やすことが出来ますので、雑炊を作る際は食感が楽しめる食材を購入してみてはいかがでしょうか。



スポンサードリンク


雑炊ダイエットを成功させるためには?



雑炊! / yto


雑炊ダイエットは、1日3食のうち1食を雑炊に置き換えるというものですので、いつでも好きなタイミングで始めることが出来ます。しかし、ダイエットを成功させるためには、朝食・昼食・夕食のうち、どの1食を置き換えるのかがポイントとなります。


実際に雑炊ダイエットを行っている方々は、朝食もしくは夕食を雑炊に置き換えていらっしゃるそうです。ですが、雑炊ダイエットの成功者いわく、“夕食を雑炊に置き換えた方が、成功率がアップする”と言われています。


人間は、太陽が出ている時間帯に活動量が増えるため、消費カロリーも自然と多くなります。しかし、太陽が沈んでしまうと、睡眠を摂るため、活動量が減少し、消費カロリーも少なくなります。


また、人間の体内に存在する脂肪細胞の中には「BMAL1」という脂肪を蓄積させるたんぱく質が存在し、夕食中から翌朝にかけて食べ物を摂ると、脂肪が付きやすくなります。そのため、1日のうちで最もBMAL1が多く発現する夕食時~翌朝にかけて摂取する食べ物は、低カロリーで満腹感が得られやすい雑炊がオススメということになるのです。


また、雑炊ダイエットを行うならば、ごはんと共にコトコト煮込む食材にも注意しましょう。


ダイエット専用の雑炊を摂取される方は問題無いのですが、雑炊を手作りされる方は、野菜やキノコ、わかめなど有り合せの食材を使うのも良いですが、身体を温め、新陳代謝を活発にさせるレンコン・牛蒡・にんじんなどの根野菜や脂肪吸収を抑制し、腸の働きを促進させる作用を持つキノコ類などを使用すると、より高いダイエット効果が得られます。



まとめ


今回は雑炊を食べるダイエット方法に関する効果をご説明させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。雑炊によるダイエット効果を高めたいという方は、粉寒天などを加えたり、こんにゃくを活用するのがオススメです。


雑炊によるダイエット効果はすぐに現れるものではありませんが、“続けやすさ”と“手軽さ”で、右に出るものはいないと言われています。ストレスになりやすいダイエットを楽しく続けたいという方は、是非1度雑炊ダイエットに挑戦してみてはいかがでしょうか。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中

おすすめカテゴリー記事