生ゴミのニオイ対策と臭いを消すための方法とは?

スポンサードリンク


生ゴミのニオイ対策と臭いを消すための方法とは?

人間生きるためには必ず食事をしなければなりません。


ですが、調理の際に必ず出る肉や魚、野菜などのくずや食べ残しなど水分を含んだ生ごみは、見るのも嫌ですが、気温の高くなる5月から9月にかけては悪臭を放ち、ハエのたまり場となるため、どうしたらよいのかと悩まれる方も大勢いらっしゃいます。


そこで、今回は生ごみの臭いの原因と対策方法、そして臭いを消すテクニックをご紹介します。



生ごみの臭いの原因と対策とは?



Hanssem_Kitchen_20141204_15 / KOREA.NET – Official page of the Republic of Korea


生ごみが臭い出す原因は、酸素の無い密閉した環境を好む嫌気性微生物の活動が活発になることで生ごみが分解されて鼻を突くニオイや有害物質を発生させることで引き起こっています。


「ポリ袋に入れて捨てなければ臭わないの?」と思われる方もいらっしゃるかと思います。


嫌気性微生物は密閉した酸素の少ない環境を好みますが、彼らは生ごみを分解し、腐敗を行っています。腐敗は水分が無ければ行うことができませんので、生ごみからの悪臭をカットしたい場合は生ごみの水気をしっかり切った後、新聞紙で包み込んで捨てるのが悪臭を防ぐコツとなっています。


新聞紙には水分を吸収する効果があるため、生ごみに含まれる水気を吸収し、腐敗を抑制することができます。さらに、新聞紙のインクには消臭効果がありますので、生ごみ処理にはもってこいのアイテムとなっています。


生ごみの腐敗には水分の他に温度も深く関係しています。夏場に生ごみが入っているゴミ箱を開けると「うっ」となる方も多いのではないでしょうか。


生ごみの腐敗を少しでも遅らせるためには、日の当たらない涼しい場所で管理するのが匂いをカットするコツです。生ごみを出す日まで日数がある場合は、冷蔵庫もしくは冷凍庫へ入れて保管し、ゴミの日になったら取り出して捨ててしまうのがオススメです。


最近ではバイオフューチャーの無害・無臭のバクテリアを用いたバイオ消臭剤を用いて生ごみの臭いを抑えているという方もいらっしゃいます。


また、臭い出す前の生ごみにパパッと振りかける「生ごみ粉末消臭剤」は悪臭防止だけではなく、コバエの発生も抑えてくれますので、夏場の生ごみ対策にいかがでしょうか。



スポンサードリンク


生ごみの臭いを消すテクニックとは!?



台所 / sota-k


生ごみの嫌なニオイを発する原因と対策についてご紹介させて頂きましたが、5月から9月の間に大繁殖する嫌気性微生物の繁殖を日常的に抑えるテクニックをご紹介したいと思います。


その1.お酢


三角コーナーの生ごみの量が少ないから、もう少したまったら捨てたいけど、ニオイが心配という方にオススメなのがお酢です。


お酢1:水1の割合で薄めた酢水をスプレーボトルへ入れて、三角コーナーにプシュッと複数回振りかけると臭いを抑制させることができます。


お酢には殺菌作用が含まれておりますので、雑菌の繁殖を抑えて臭いの原因を絶ってくれます。お酢を切らしている場合は、クエン酸でも代用することが可能ですので、お好みの法をお使いください。


その2.重曹と塩


万能粉として知られる重曹もしくは食塩を生ごみにふりかけてください。


重曹はアルカリ性ですので、肉や魚といったタンパク質系の生ごみの腐敗を抑えてくれます。塩は古くから食べ物の腐敗を抑制させる万能調味料として有名ですので、腐った臭いが我慢できないときにパパッと振りかけちゃいましょう。


その3.おかくず・茶葉・コーヒー殻


おかくずには、生ごみに含まれる水分や油分を吸収する効果があり、さらに抗菌作用のある木材の香りで嫌なニオイをシャットアウトしてくれます。


緑茶やコーヒー殻にも消臭効果が含まれておりますので、ニオイが気になり出したら、生ごみに加えて混ぜ合わせると、ニオイが消えて快適になります。


他にも柑橘系のアロマオイルを振りかけたり、アルコール度数の高い焼酎やウォッカなどを複数回振りかけるなどもオススメです。



まとめ


今回は生ごみの臭い対策や消す方法をご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。


生ごみの臭いはヒトを不快にさせるので、ご両親やお友だちが突然遊びにやってきても良いように日頃からこまめに生ごみを捨てる習慣を付け、生ごみの悪臭対策を行うようにしましょう。


スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中

おすすめカテゴリー記事

リンク