機能性ヨーグルトとは?効果や種類を検証

スポンサードリンク


機能性ヨーグルトとは?効果や種類を検証

ここ数年、健康志向の方々を中心に「ヨーグルト」がブームとなっていますが、いざ購入しようとすると、コンビニやスーパーの商品棚にずらりと並んだ様々な種類のヨーグルトから、どのヨーグルトを購入したら良いのか悩んでしまいますよね。


特に最近では「機能性」という言葉が付いたヨーグルトも続々と登場しており、普通のヨーグルトと機能性ヨーグルト、どのような違いがあるのか気になってしまっている方も多いと思います。


そこで、今回は機能性ヨーグルトとは、どのようなヨーグルトなのか、気になる効果や種類をご紹介します。



機能性ヨーグルトとは?



acho’s home sweet home / nakanishiakihito


機能性ヨーグルトとは、いま大注目の腸内フローラのバランスを改善し、病気の発生を未然に防ぐ乳酸菌や特定の菌類を含むヨーグルトのことです。


現在、世界中の国や地域では、この機能性ヨーグルトを食べることで、花粉症や風邪・インフルエンザ対策、発がんリスクの低減など健康や美容に関する様々な効果や効能を得ることができると考えられており、いまでは改善や予防したい症状に合わせてヨーグルトを選択する時代となりました。


特に20代から60代の方々は、健康や美容に関する効果や効能が認められている機能性ヨーグルトを意欲的に購買すると言われており、年々機能性ヨーグルトの市場が拡大しています。



スポンサードリンク


機能性ヨーグルトの種類と気になる効果



Honey yoghurt with a smile! / fifikins


機能性ヨーグルトには、「R-1」や「ブルガリア」、「ビヒダス」など様々な種類がありますが、それぞれ得られる効果や効能が大きく異なります。



例えば、中高年の方々を中心に注目を集めている「R-1」には、NK細胞を活性化させる働きがあり、風邪やインフルエンザにかかりにくくする効果が認められており、2つの乳酸菌が含まれている機能性ヨーグルトのロングセラー商品「ブルガリア」には、腸内細菌のバランスを整え、おなかの調子を良好な状態に保つ働きが備わっています。



最近では、プリン体の過剰摂取を軽減させたり、尿酸値の低下作用を持つ明治 プロビオ ヨーグルトPA-3」や整腸作用だけではなく、ヒアルロン酸やコラーゲンの産生を促したり、紫外線による光老化の予防など美容関係に優れた効能を発揮する「森永 アロエベラ」など、生活習慣病や老化対策に効果を発揮する機能性ヨーグルトも続々と登場していますので、あなたの目的に合わせてヨーグルトを購入するようにしましょう。



まとめ


いかがでしたでしょうか。


いままで「ヨーグルト=整腸作用」というイメージを持っていた方も多いと思いますが、「機能性」と付くだけで、免疫力を高めたり、プリン体の過剰摂取を軽減させたり、ヒアルロン酸やコラーゲンの産生を促したりと様々な健康と美容に関する効果が得られるようになります。


現在、健康や美容に関するお悩みを抱えている方は、この機会に1つ購入してみてはいかがでしょうか。


スポンサードリンク

    関連記事

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    スポンサードリンク

    人気ブログランキング参加中

    おすすめカテゴリー記事

    リンク