バナナに含まれる栄養と効果について

スポンサードリンク


バナナに含まれる栄養と効果について

2006年頃に誕生した「朝バナナダイエット」をきっかけに日本国内では空前のバナナブームが巻き起こり、各地で一時期バナナが品薄状態となったことがありましたが、今ではバナナブームも落ち着きを取り戻し、健康や美容に気を遣っている方々を中心にひっそりと人気を集めています。


また、お隣りの国・韓国では、2015年頃から空前のバナナブームが巻き起こっており、韓国伝統のお酒「マッコリ」や韓国の国民的お菓子「チョコパイ」のバナナ味などが続々と誕生しています。


なぜ、バナナはこれほどまでに多くの人々の心を惹き付けることができるのでしょうか。それは、甘くて美味しいバナナに含まれる栄養と食べることで得られる効果や効能に秘密があります。


そこで、今回はバナナに含まれる栄養と効果や効能についてご紹介します。



バナナに含まれる栄養と気になる効果や効能



バナナ / yto


バナナは100gあたりおよそ86kcalと低く、さらに他の食材と比べると比較的低脂肪なので、ダイエットにピッタリなフルーツなのですが、実は


・美容に関心のある方

・子どもの成長に関心のあるお母さん

・日常的にスポーツをされている方

・毎日何かしらのストレスを抱えている方

・お酒好きな方



など、年齢や性別問わず、こうしたお悩みを抱えている方々に最もオススメのフルーツだと言われています。



スポンサードリンク


バナナに含まれるその他の栄養



バナナ / frontriver


その他にもバナナには、

・身体のエネルギー源となる「たんぱく質」

・むくみ改善や筋肉の機能を正常に保つ「カリウム」

・カルシウムの吸収をサポートする「マグネシウム」

・糖質の代謝を助ける「ビタミンB1」

・脂質の代謝を助け、お肌や粘膜の健康を維持する働きを持つ「ビタミンB2」

・血圧を下げ、心臓の活動を正常な状態に保つ「ビタミンB6」

・脳の健康維持と便秘を予防する「ナイアシン」

・貧血予防や胎児の発育に深く関わる「葉酸」

・便秘改善に効果的な「食物繊維」

・ストレスに強くなり、冷え性を改善する「ポリフェノール」

・安眠効果を持つ「セロトニン」



などの栄養成分がバランス良く含まれておりますので、生活習慣や食生活の改善をしたくても何から手を付けたら良いのか分からないという方にも最適です。



まとめ


今回はバナナの栄養と気になる効果や効能についてご説明させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。


バナナは、他のフルーツと比べてお値段もお手頃価格ですし、スムージーやスイーツの材料としても活用できるため、万能フルーツとも呼ばれています。


毎日バナナを食べることに飽きても、アレンジ方法はたくさんありますので、この機会に1日1本のバナナを食べて身体の内側から健康と美容維持に努めてみてはいかがでしょうか。


スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中

おすすめカテゴリー記事