便秘改善に効果が期待できる食べ物とは?

スポンサードリンク


便秘改善に効果が期待できる食べ物とは?

今までは女性ならではの悩みであった「便秘」ですが、現在では老若男女問わず、誰もが抱える悩みとなり、日本各地に便秘専門の外来まで誕生するほど、重大な問題となっています。


便秘になると、お腹が張ったり、おならが臭かったり、便が硬くなったりと身体のいろいろな部分に不調が表れるようになり、放っておくと死に至ることもあると言います。


そんな恐ろしい便秘をすっきり改善することができるオススメの食べ物をご紹介します。



便秘改善に効果が期待できる食べ物「明日葉」



明日葉01 / Dear Shy


青汁の原材料となっている「明日葉」は、摘み取った4日後には芽を出すほど生命力に溢れた緑黄色野菜であり、「緑黄色野菜の王様」と称されるケールよりも高い栄養価を持っています。


なかでも、ビタミンKと食物繊維の含有量は青汁に使用される原材料のなかでもずば抜けて高く、体質や組み合わせによっては副作用を引き起こす危険性まであると言われています。特に辛い便秘でお悩みの方の場合、明日葉を原材料とする青汁を飲むだけで、緩やかなお通じを促すよう働きかけて、便秘をすっきり解消してくれますのでオススメです。


しかし、便秘ではない方が明日葉の青汁を飲んでしまうと、効果が強く表れてしまい、お腹が緩くなってしまうことがありますので、便秘が軽度の方やお腹を壊しやすい方、快食快便な方は気を付けて飲むようにしましょう。


また、明日葉にはビタミン類やミネラル類が豊富に含まれており、健康面への効果に期待が高まっているのですが、どちらかというと、ダイエットや美容に関する面に優れた効果を発揮しますので、青汁ダイエットをお考えの方や肌トラブルで悩んでいる方、むくみを解消したい方にもオススメの食べ物となっています。



便秘改善に効果が期待できる食べ物「ケール」



ケールの炒めもの。 / Spiegel


南欧原産の緑黄色野菜「ケール」は、1年中栽培が可能な野菜にも関わらず、滅多にお目にかかれない珍しい野菜です。ケールには、ビタミン類やミネラル類、食物繊維など様々な栄養成分が豊富に含まれており、様々な健康と美容効果を得ることができると期待されています。


なかでも便秘に関する効果や効能は他の野菜と比べて非常に高く、ケール100gあたりに含有されている水溶性食物繊は0.5g、不溶性食物繊維は3.2gとなっています。水溶性の食物繊維には、急激な血糖値の上昇を抑え、脂肪の吸収を緩やかにしてくれる働きと便をほどよい柔らかさに調節する効果があります。


一方、不溶性食物繊維には、便量を増加させ、腸に刺激を与えることで蠕動運動を活発にし、排便を促す働きがありますので、個人的には明日葉よりもケールの方が便秘解消効果に優れているのではないかと思っています。



スポンサードリンク


便秘改善に効果が期待できる食べ物「大麦若葉」



青汁 / kc7fys


中央アジア原産の野菜「大麦若葉」は、明日葉やケールと同じく青汁の原材料として有名な食べ物です。大麦若葉は他の葉物野菜とは異なり、独特の苦みや青臭さなどのクセがほとんど感じられないため、大麦若葉を原材料とする青汁はとても人気があります。


そんな大麦若葉には、100gあたりおよそ、41.1gの食物繊維が含まれており、水溶性食物繊維が1.6g、不溶性食物繊維は39.5gも含有されています。野菜不足で食物繊維の摂取量不足の現代日本人にとって、大麦若葉の食物繊維は便秘解消だけではなく、生活習慣病や老化予防などにも最適であり、積極的に摂取したい野菜でもあります。


また、大麦若葉は明日葉やケールと比べると、ややケールに劣るものの、含有されている栄養バランスは良く、青汁にするとクセも無く飲みやすいので、毎日飲み続けることができるのが魅力となっています。



まとめ


今回は便秘改善に効果が期待できる食べ物をご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。


明日葉・ケール・大麦若葉には、便秘を解消することができる優れた効果があるのですが、脂溶性のビタミンや食物繊維などが豊富に含まれておりますので、妊娠・授乳中の女性や持病・アレルギーをお持ちの方は1度かかりつけの医師に相談してから摂取するようにしましょう。


スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事