青汁を牛乳で溶かすと飲みやすくなるって本当?

スポンサードリンク


青汁を牛乳で溶かすと飲みやすくなるって本当?

いまでは老若男女問わず、健康や美容維持が期待できるヘルシードリンクとして多くの方々から愛飲されている青汁ですが、ひとむかし前まではバラエティ番組の罰ゲームに用いられるなど、あまり人気がありませんでした。


2014年3月に最終回を迎えたお昼の大人気番組「笑っていいとも!」の司会者であるタモリさんは、番組で1番の思い出は「青汁」だと答えており、「青汁を飲んだ後、お笑いをやる気がしません。ツッコミもやりたくないから、ボケられると頭にきます」と笑いながらおっしゃっていました。


では、なぜ青汁が人気を集めるようになったのかと言いますと、八名信夫さんの「まずい!もう1杯!!」のフレーズがとっても印象的なCM「キューサイの青汁」がきっかけだと言われています。


八名さんのおっしゃるとおり、緑色の野菜をたっぷり使用している青汁は、独特な苦味と青臭さを持っているため、初めて飲んだときは本当に衝撃を受けます。


特に小中学生の子どもたちや苦いものが苦手な方にとって、世界で1番不味い飲み物となってしまう可能性があります。そんな不味くて人気の不思議な飲み物「青汁」ですが、なんと牛乳で溶かすと物凄く飲みやすくなることをご存知でしたか。


今回は、牛乳で溶かすと飲みやすくなるオススメの青汁や牛乳と合わせることで得られる効果や効能をご紹介します。



牛乳で溶かすと飲みやすくなるオススメの青汁



aojil / keepon


青汁を製造されている各メーカーでは、青汁の美味しい飲み方というのをホームページや雑誌などで紹介しているのですが、そのなかでも最もおいしいと言われているのが「牛乳」です。


ですが、なかには「メーカーのオススメする飲み方って当たり外れが大きくて信用できない」という方もいらっしゃると思います。実際、どんな青汁でも牛乳と相性が良いのかと言われるとそうでもなく、苦みや青臭さのあるクセの強い青汁を牛乳で溶かしてしまうと、不味さが倍増してしまい、あまりオススメできません。



個人的に牛乳と相性が良いと感じた青汁は、「やわたのおいしい青汁」や「八条明日葉ふるさと青汁」といった甘みの強い青汁がオススメされています。


ちなみに、牛乳と青汁を組み合わせると“抹茶オレ”のような味わいになりますので、抹茶好きな方にはオススメです。それでも飲みにくいと感じる方は、蜂蜜を少量加えると飲みやすくなりますので、不味いと言って諦める前に、1度試してみてはいかがでしょうか。



スポンサードリンク


牛乳と青汁を組み合わせるとどんな効果が得られるの?



牛乳 / nubobo


青汁を牛乳で溶かすと飲みやすくなるだけではなく、なんと健康や美容に関する相乗効果が得られるということをご存知ですか。


牛乳には、カルシウムをはじめ、たんぱく質やビタミンA、鉄分などがバランスよく含まれており、別名「栄養素の宝庫」と呼ばれています。そんな牛乳を用いて青汁を作ることで、青汁に含まれる野菜の栄養素が牛乳に加わり、より栄養価の高い飲み物へと進化します。


牛乳などの乳製品に含まれるカルシウムの体内吸収率はおよそ50%と他の食べ物に比べると高めとなっています。これは、牛乳に含まれている乳糖とカゼインという糖分とたんぱく質の働きによるものだと言われています。



牛乳には、200mlあたり227mgのカルシウムが含有されているのですが、青汁の原材料であるケールや大麦若葉、桑の葉にも牛乳に負けず劣らずのカルシウムが含有されており、青汁に含まれているカルシウムを効率良く吸収するには、乳糖やカゼインを含む牛乳と共に摂取するのが1番オススメとなっています。


ただし、青汁に含まれる食物繊維にはカルシウムの吸収を阻害する働きがあるため、本当にカルシウムの吸収率が高まっているのかという疑問を持たれる方も多いと思います。


確かに穀物類や海藻類に含まれる食物繊維のなかにはカルシウムの吸収を阻害するものもあります。ですが、これはあくまで食物繊維を過剰摂取した場合に限られたことであり、いつも通りの食事を摂取していればカルシウムの吸収を阻害されることは、ほとんどありませんのでご安心ください。



まとめ


今回は青汁を牛乳で溶かすと飲みやすくなるのかどうかをご説明させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。よく、青汁と牛乳を組み合わせて飲むときは、夜に飲むのが良いと言われています。


睡眠中はカルシウム濃度が低くなりやすいため、不足してしまうと骨を溶かして濃度を一定に保とうとするため、カルシウム不足になりやすくなるからです。


しかし、夕食の際に牛乳で作った青汁を飲むことで、睡眠中のカルシウム濃度が一定に保たれ、骨からカルシウムの流出を防ぐことができるようになるため、個人的にも青汁は夜に飲むのが1番オススメです。


子どもたちの健やかな成長を願っている親御さんは、是非青汁を子どもたちに飲ませる際は、夕食時にしてみませんか。


スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事