いかなごの釘煮の旬とは?そもそも釘煮の由来って?

スポンサードリンク


いかなごの釘煮の旬とは?そもそも釘煮の由来って?

今回の記事では、個人的に気になったことを調べてきたので紹介します。

昨年、兵庫県に住む知人から「いかなごの釘煮」を頂いたのですが、「釘煮」っていう用語がよく分からず「釘を入れて煮込んでいる」ものだと理解していました。

そして今年になって、「いかなごの釘煮の季節」という文言を見て、昨年のことが疑問になって調べてみました。

まずこの「いかなご」ですが、漢字では「玉筋魚」と書くようです。これを昔は、「以加奈古(いかなご)」や「加末須古(かますご)」と読んでいたらしいです。

いかなごの釘煮の旬




初物。イカナゴくぎ煮、若いのでまだやわらかい / kayakaya

まずこの「いかなご」の旬は、2月末~5月頃ということで、ちょうど今後に向けて美味しくなってくる時期ですね。

この時期の「いかなご」は3~4ヶ月の稚魚なので、この時期が一番味が良い時期だそうです。この時期の「いかなご」は新子(しんこ)と呼ばれ、その成魚は古背(ふるせ)と呼ぶらしいです。

そして最終的には25センチメートルまで成長するというので驚きですね。てっきり小さい魚だと思っていました。


スポンサードリンク



で、記事タイトルにある「いかなごの釘煮」は、兵庫県の明石や神戸で、この稚魚を佃煮にすることを呼ぶようです。

この地域では、これが春の風物詩ということですね。

いかなごの釘煮の由来




くぎ煮 / bm.iphone

最後にこの釘煮という名前の由来を見てみましょう。

記事冒頭で述べた「釘を入れて煮込んでいる」は勘違いで、佃煮にした形が「折れた釘」のように見えるためこの名称で呼ばれているようです。

いや~、まったく不勉強で恥ずかしいですね。

そもそもなぜこのような色になるかと言うと、新子を醤油・砂糖・生姜で煮詰めるからです。これだけ見ると、家庭でも簡単に作れそうですね。

実際に、兵庫県内の家庭では家庭でも大量に釘煮を炊くようです。また、神戸では「いかなごセット」という家庭調理セットが販売されているとか・・・。

では最後に「いかなごの釘煮」のレシピを紹介します。本場のサイトなので参考になると思います。

⇒ 「いかなごの釘煮」のレシピ


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中

おすすめカテゴリー記事