“新ごぼう”ってどんな食べ物?“普通のごぼう”との違いって?

スポンサードリンク


“新ごぼう”ってどんな食べ物?“普通のごぼう”との違いって?

この時期になるとごぼうのほかに新ごぼうが店頭に並びますね。

でも新ごぼうってなに??意外と知らない方も多いのでは?

今回は、知らなきゃもったいない!旬の食材、新ごぼうについて紹介します。

ごぼうってどんな食べ物??




ごぼうから揚げ / ayustety

ごぼうはもともとユーラシア大陸原産の食べ物で、日本に入ってきたのは縄文時代~平安時代と言われています。

ヨーロッパや中国では古くから薬用として使われてきましたが、食用として栽培したのは日本だけだったようです。

ごぼうと新ごぼうの違いって?

一般的な“ごぼう”は、秋から冬にかけて収穫され、冬が旬な食材です。

新ごぼうというのは、一般的なごぼうをそこまで大きくなるまで育てません。

秋に植えたものを初夏に収穫した“ごぼう”のことをいいます。

まだ完全に成長しきっていないので、やわらかく風味も普通のごぼうと比べ上品で優しい香りがします。

別名「夏ごぼう」と呼ばれ、初夏の味として親しまれ、どじょうを使った江戸生まれの料理、「柳川鍋」には欠かせない食材として知られています。

この新ごぼうの旬の時期ですが、新ごぼうは12月頃から出回り始め、8月頃まで市場に並んでいます。

九州地方では1月から3月にかけてたくさん出荷されているようですが、もともとは初夏の食材ですので、旬の時期は5月から7月頃となります。


スポンサードリンク

おいしいごぼうの選び方




ごぼう(和田農園) / yuko_ppp2501

ごぼうは土がついたままの方が日持ちがしやすいので、すぐに使うのでなければ土付きのものを選びましょう。

また、ひげ根が少なくなるべく先の方まで太さがあるものが良いです。やわらかくグニャグニャと曲がるものは避けてください。

新ごぼうを保存する際は、ナイロン袋やラップなどで密閉して冷蔵します。これは、新ごぼうが普通のごぼうより風味が落ちやすいからです。

新ごぼうは普段食べているごぼうとは違い、やわらかく風味も抜群!

火を通す時間も短くてよく、サラダなどにはとてもよく合うそうですよ!

また、精がつく食材として江戸時代にはよく食べられていました。

新ごぼうを知らなかった方はぜひ、今年の初夏は香り豊かな新ごぼうで元気いっぱい!暑い夏を乗り切るためにスタミナをつけましょう!!


スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中

おすすめカテゴリー記事