「カツオのたたき」の保存方法とアレンジレシピ

スポンサードリンク


「カツオのたたき」の保存方法とアレンジレシピ日本の四季を感じられる食材は、野菜や果物だけではありません。

「カツオ」も日本の四季を感じられる旬の食材のひとつです。

同じカツオでも、2種類あるのですがご存じでしたか??

季節を味わうことができる、みんなが大好きなカツオのたたき!保存することはできないのでしょうか??

初カツオと戻りカツオの違い



R0011711 / duck75


カツオは太平洋などで回遊する魚で、九州の南部から北上を始めて、最終的には三陸海岸まで北上します。


初夏を告げる魚として3月頃から漁獲され5~6月に最盛期を迎えるものが初カツオと呼ばれるものです。


身はあっさりしていてプリッとした食感が特徴です。


反対に、産卵のために南下し始めたものを漁獲したものをもどりカツオと呼び、7~9月頃に最盛期を迎えます。


エサをたくさん食べて栄養を蓄えているので、脂がのってとろりとした食感が魅力です。



気になる!カツオの保存方法とは?



カツオのたたきは当日食べきれなかった場合、1日程度なら冷蔵庫での保存が可能です。


しかし、確実に味と風味が落ちているのと、魚臭さが目立つようになるのでそのまま食べるのはあまりおすすめできません。


スポンサードリンク


あまったカツオのアレンジ方法



カツオのたたきのカルパッチョ / Dakiny


◎ゴマ油、酒、醤油、おろしにんにくで漬け込み。

漬けになったカツオはまた絶品!丼にしたり、お茶漬けにしたり、もちろんそのままでもおいしいですよ。



◎オリーブオイルと塩コショウでマリネする。

洋風にアレンジしてみるのもまたおいしいですよ。生野菜といっしょに盛り付けてカルパッチョにしてはいかがですか??



◎フライパンで焼く。

カツオのステーキにしたり、ショウガ醤油に漬けたものを片栗粉を付けて揚げれば、竜田揚げに大変身!


長期保存ができるもの



カツオを一口大にカットして塩をまぶし、余計な水分を抜きます。


そこへオリーブオイル、にんにく、赤唐辛子、ローリエを入れて、弱火で火を通します。いわゆる「コンフィ」というものですね。


サンドイッチやおつまみにももってこいで、パスタとも相性抜群です。


オイルごと冷まして、密閉容器に入れ、冷蔵庫で2週間ほど保存できます。



冷凍保存はできないの?



通販やスーパーでは冷凍されたカツオのたたきがたくさん出回っていますが、これはちゃんとした設備があって可能なことで、家庭用の冷凍庫では冷えが弱いのでおいしさを保ったまま冷凍することができません。



冷凍したとしても、解凍した時にドリップが流れ出てしまって、食感も風味も落ちてしまいます。


もしどうしても冷凍したい場合は、アルミホイルでぐるぐる巻きにして冷凍すると、通常よりもよく冷えます。


解凍するときは塩水にホイルごと入れ、半解凍くらいで取り出して切ります。



まとめ



とれたて、たたきたてのカツオのたたきは冷凍されてものとは比べ物にならないくらいおいしいようですよ。

新鮮なカツオのたたきが手に入った際は、おいしいうちに食べ切ってしまうのが理想的です。


残ってしまった場合は上手にアレンジして、最後までおいしく食べたいですね。



スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事