にんにくの保存方法を公開!冷凍保存も可能?

スポンサードリンク


にんにくの保存方法を公開!冷凍保存も可能?香ばしい匂いがどんな料理にも合って、スタミナ効果もあるにんにく

たくさん買っても、気づけばしなびてしまっていることもしばしば。

どうしたらおいしいまま保存できるのでしょう?!

にんにくの保存方法



にんにく。用意しすぎた / ヌンヌン


そのままのにんにく



日陰で風通しがよく、湿度の低いところでネットのまま吊るしておくと長持ちします。


冷蔵保存するときは、玉のままひとつひとつ新聞紙に包んで野菜室で保存すると比較的長持ちします。



1かけや2かけなどにばらしてしまったにんにくも、丸ごとのものに比べれば日持ちは若干劣ってしまいますが、外皮がついたままであれば保存方法は同じです。



保存期間の目安は2~4週間程度ですが、良い状態が続けば2ヶ月以上持つ場合もあります。


切ったにんにく



半分に切ったり、スライスしたもの、みじん切りにしたものは空気に触れないようにしっかりとラップをして冷蔵庫で保存しましょう。


保存期間の目安は3日程度です。


すりおろしたにんにく



自宅ですりおろしたにんにくは、密封して冷蔵庫で保存しても風味の関係から2日もつかどうかです。


2日以上はもちますが、風味は確実に落ちてしまいますし、変色してしまう場合もあります。


すりおろしたにんにく冷凍してしまうことで長期保存が可能になります。

ラップで平らにして冷凍しておけばそのまま折って使うことができます。


にんにくをすりおろした時に、緑色に変色することがありますが、これは鉄のおろし金を使ってしまったためです。


セラミックや陶器のおろし金を使うことで変色をある程度防ぐことができます。


保存期間は冷蔵保存の場合は2日程度、冷凍保存の場合は1ヶ月程度となります。



スポンサードリンク


冷凍保存



そのままのにんにくを冷凍する場合は、小房に分けてからジップロックに入れて冷凍するだけです。


使用するときは、解凍せずに、根元部分を切り落として包丁で皮をひっかけるように剥くと簡単に皮がむけます。

保存期間の目安は1年程度です。



刻んだにんにくは、少量ずつラップに包んでからジップロックなどに入れて冷凍します。

こうすることで、使いたい分だけ少量ずつ使うことができます。


保存期間は1ヶ月~数か月です。


すりおろしたにんにくは先程紹介した通りになります。



にんにくの保存~応用編~



IMG_2116 / misawakatsutoshi


バターと一緒に保存



常温で溶かしたバターに刻んだにんにくを入れて冷蔵庫で固めるだけです。

ちょっとしたときにすぐ使えてとっても便利!


オリーブオイルに漬けて保存



清潔な瓶に刻んだにんにくを入れて、にんにくがつかるくらいまでオリーブオイルを注ぎます。

これもすぐに使えて、オリーブオイルとの相性も抜群です!


醤油に漬けて保存



にんにくは半分に切って芯の部分を取り除く。

清潔な瓶ににんにくと浸るくらいの醤油を注いで、冷蔵庫で保存します。にんにくが沈んだら食べごろです。

にんにく風味の醤油は食欲をそそりますよ!



まとめ



にんにくはどんな料理にも合う万能食材!


保存するときにちょっと手間をかけてあげれば、使うときはとっても楽チン!

風味も損なわれず、いつでも香りのよいにんにくを使うことができますよ。


応用編の保存方法はとってもおすすめなので、ぜひ一度試してみてくださいね。



スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事