バーベキューにおける野菜の切り方とは?

スポンサードリンク


バーベキューにおける野菜の切り方とは?バーベキューはたくさん野菜を食べられるのも魅力です。

いろいろな種類の野菜を持っていきますが、ここではそれぞの野菜の切り方を紹介します。

輪切りがいいもの



なすび / uesakakohei


なすにんじん輪切りにすると火の通りも早くなり、味付けもしやすいので輪切りがいいでしょう。


あまり薄すぎるとあっというまに火が通り、焦げてしまうことがあるので、5mmぐらいの厚さがあったほうがいいですし、食べ応えもそのほうがあります。



少し工夫をするのがいいもの



玉ねぎ試し掘り。小さい。 #shoot1230 / chidorian


玉ねぎ1-2cmほどに切るのが一般的で、火の通りもよくおいしく食べることができます。


バーベキューの味付けは同じようなものになってしまいがちなので、5mmほどに薄く切った玉ねぎも用意して、サラダにするのもいいでしょう。



出来るだけ長い時間水に漬けて、あっさりしたドレッシングと鰹節などをふれば、さっぱりサラダができあがります。



キャベツは最後の「焼きそば」に使うことが多いです。


最後は豪快に締めたいので、大きめに(5cmほど)に切って準備をしておくのがいいでしょう。


くたっとしたキャベツより、歯ごたえが残るものの方がおいしいです。



スポンサードリンク


いつもよりも大きめに



bell peppers / Crystalline Radical


ピーマンしいたけかぼちゃは焼くと水分が飛んで縮みます。


なので、ふだんよりも大きめ(厚め)に切っておくのがいいでしょう。


しいたけは切らずにそのまま焼いてもいいぐらいです。


かぼちゃ5mmほどピーマンは四分の一ではなく、二分の一のカットでいいでしょう。



そのまま焼くのがいちばんおいしい



実はバーベキューの野菜は切らずにそのまま焼くと、皮の内側においしさが凝縮されて、すごくおいしくなります。


さすがにかぼちゃはそれでは火が通らないので難しいですが、なす、玉ねぎは皮を剥かずそのまま火を通してみましょう。


熱々に焼けたあと、皮を剥いて醤油をかければ、甘さいっぱいのバーベキューならではの味が堪能できますよ。



そのほかにもネギを一本そのまま焼いたり、ニンニクも皮ごとホイルに包んで火を通せば、おいしい一品ができあがります。



※「バーベキュー特集ページ」を設置しました。バーベキュー関連の記事をまとめてありますのでご覧下さい↓
BBQ-2



スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中

おすすめカテゴリー記事