意外と簡単?!おいしい梅酢の作り方

スポンサードリンク


意外と簡単?!おいしい梅酢の作り方今話題の梅酢ですが、いざ作るとなると気が引けてしまう・・・.

たしかに梅干を漬けるのは大変な作業。

でもしっかりと消毒して、塩分に気を付ければ意外と簡単にできてしまうんですよ!

梅酢とは?



梅干を漬けるときに出てくる酸っぱい液体が梅酢と呼ばれているものです。


さまざまな料理の隠し味として利用することが多く、塩麹のような自然調味料として重宝されています。



クエン酸などの栄養分をたくさん含んでいるので健康面でも効果が期待でき、腐りにくいので冷蔵庫で何年も保存することが可能です。



しその葉を入れたものは赤梅酢、入れていないものは白梅酢といいます。



かんたん!梅酢(梅干)の作り方



梅酢が上がってきてる! / freeheelskiing_2

材料


南高梅:1㎏

:200g

ホワイトリカー:適量


作り方


1.南高梅が黄色くなるまで風通しの良いところで保管する。


2.黄色くなったら、傷をつけないように洗って、下手を丁寧に取り除く。


3.ポリ袋にホワイトリカーを霧吹きでふきかけ、梅と塩1/3を入れてよく降る。


4.バケツにホワイトリカーそ吹きかけ、先程の梅をいれ、残りの塩を入れる。


5.落し蓋をして、さらにうえからホワイトリカーを吹きかける。


6.重しをして新聞紙でふたをして、大きめの輪ゴムでとめて保存。


7.毎日朝晩バケツをゆすり、上の梅と下の梅の場所を入れ替える。このときカビていないかしっかり確認する。


8.1か月ほど漬けて、梅雨明けの天気のいい日に梅を3日間連続で干し、梅酢も瓶に入れて同じように日光に当てる。



塩分が18%以下だとカビが発生しやすいので、18~20%お目安に作りましょう。



こんな作り方も?!超簡単梅酢


材料


:1㎏

米酢:720ml


作り方


1.完熟した梅をきれいに洗い、消毒した瓶に入れます。


2.米酢を注ぎいれ、日の当たらない涼しいところで2か月ほど保存します。


3週間ほどで飲めるようにはなりますが、日にちが経つほどまろやかになります。



スポンサードリンク


アレンジ!甘い梅酢もいいですね!


材料


:1㎏

氷砂糖:800g

:900ml


作り方


1.先程と同じように、瓶に入れて保存します。

2.2週間頃から飲めるようになります。


本来の梅酢とは違うものになってしまいますが、ドリンク専用と思えばかなり使えるのでは?!



梅酢のおいしい使い方



梅の実 / Fruit of Plum / Dakiny


炊飯、おにぎり、つけものなどにはもってこいです。


3合のお米に対して、大さじ1杯入れて炊くだけで傷み防止になります。


10~220倍に薄めて、砂糖やはちみつなどを加えた梅酢ドリンクは、夏バテや熱中症対策にはもってこいです。


小さな霧吹きに入れておいて、お弁当にちょっとスプレーするだけでご飯が長持ち!


酢のものにはもちろん、調味料としてなんでも使えますし、自家製ドレッシングもおいしいですよ。



梅酢はとってもつかえる万能なアイテムです!



科学調味料に頼らず、梅酢を使っておいしく健康的な料理にしていきたいですね。


少し手間のかかるところはありますが、それに見合うだけのうれしい効果はたくさん!


ぜひ梅酢を手作りしてみましょう。



スポンサードリンク

    関連記事

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    スポンサードリンク

    人気ブログランキング参加中

    おすすめカテゴリー記事

    リンク