肉以外で準備したいオススメのバーベキュー食材とは?

スポンサードリンク


肉以外で準備したいオススメのバーベキュー食材とは?バーベキューと言えば「肉」ですが、肉ばかりだとどうしても飽きてしまいます。

とくに、ある程度の年齢の人たちでバーベキューをする場合は、たくさんの量の肉は食べられないことが多いです。

バーベキューが続く夏の季節は、いろいろなバーベキューに呼ばれ、肉以外の野菜も、同じ食材が続いてしまう、という参加者もいます。

ここでは、そんな「マンネリ」を解消する、ふつうのバーベキューではちょっと見かけない食材を紹介します。

焼いてもおいしい根菜



レンコン / Koji Horaguchi


家庭料理では根菜は茹でることが一般的ですが、バーベキューの食材としても最適です。


とくにオススメはレンコン山芋。どちらも焼きすぎるとクタッとなってしまうので、シャキっとした食感が残るぐらいで食べるのがいいでしょう。



バーベキューのたれではなく、醤油、ポン酢などさっぱりしたものが良く合います。


ですがマヨネーズも合います。辛いものが好きな方は七味をふるのがいいでしょう。



スポンサードリンク


缶詰



家で缶詰、というとなんだかひもじい雰囲気になりますが、バーベキューで火を囲みながら缶詰をつつくと、とても盛り上がります。



たくさんの種類がありますが、肉はいろいろな種類を焼いていると思うので、魚系がウケがいいです。



サバ缶のようなベーシックなものから、うなぎなどの変わり種もあるので、たくさん種類を用意するのがいいでしょう。



魚の干物



うるめ (urume: round herring) / halfrain


炭火では生の魚を焼くと、焼き加減がとても難しいです。


中まで焼けるか、焦げないかどうかなどは炭の火の状態に左右されてしまいます。


基本的に干物は火を通すだけ。温かくなればOKというぐらいのものなので、火加減はあまり気にしないで大丈夫です。


味も、一連のバーベキューの味付けとははっきりと違うので、参加者の箸も進みます。


ひとつ食べ終わったらひとつ焼く、というように次々焼くのがオススメの食べ方です。


これも、大きなスーパーや魚屋であれば、いろいろな種類が売っているので、一種類ではなく、参加者が多ければ種類を増やして対応しましょう。



※「バーベキュー特集ページ」を設置しました。バーベキュー関連の記事をまとめてありますのでご覧下さい↓
BBQ-2




スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中

おすすめカテゴリー記事