「みょうが」を食べると物忘れがひどくなるという噂の真相とは!

スポンサードリンク


「みょうが」を食べると物忘れがひどくなるという噂の真相とは!よくみょうがを食べると物忘れをするという言葉を耳にします。

しかし、実際はみょうがを食べても忘れっぽくなったり、物忘れがひどくなるなんてことは起こりません。

なぜこのような噂が広まってしまったのでしょうか。

「みょうがを食べると物忘れをする」と言われるようになった所以



daikon sprouts vs myoga ginger / [puamelia]


みょうがを食べると忘れっぽくなると言われるようになったのはある俗称からきています。


周利槃特(しゅりはんどく)は、兄である摩河槃特(まかはんどく)と共にお釈迦様に弟子入りしました。


兄の摩河槃特はとても頭が良く、お釈迦様の教えを理解することが出来ました。


しかし弟の周利槃特はたいへん物覚えが悪く、自身の名前さえも覚えることが出来なかったのです。


そのため、各地で修行僧が布施する米銭を鉄鉢で受け取って回っていたのですが、お釈迦様の弟子として認めて貰えず、その姿を憐れんだお釈迦様が彼の名を書いたのぼりをこしらえ、彼に渡しました。



彼はその後、兄やお釈迦様のおかげで阿羅漢と呼ばれる聖者の地位へ就くことが出来たのです。


周利槃特が亡くなり、彼のお墓から見たこともない植物が生えてきたのです。


その名も無い植物に「周利涅槃が自身の名を背に荷って、長い時間努力をし続けた」という意味を込めて「茗荷(みょうが)」と命名されたのです。


それから、みょうがを食べると物忘れがひどくなるという言い習わしへと変わり、みょうがを食べると物忘れをすると言われるようになったのです。



みょうがの効果・効能



みょうがは薬味として用いられることが多いため、あまり知られていないですが、天麩羅や味噌漬け、お味噌汁など様々な料理として召し上がることが出来ます。



また、みょうがは「Japanese ginger」と呼ばれており、日本でしか食べられていません。


みょうがは90%以上の水分とカリウム、アルファピネンで構成されています。


アルファピネンとは、みょうがのさっぱりとした爽やかに薫る香味成分の名称です。


アルファピネンには食欲を促進させる効果がある他、発汗効果と消化を促す作用、興奮した神経を安定させ、ストレスを軽減する効果や眠気覚まし効果があることが判明しています。



利尿作用のあるカリウムは体内のナトリウム濃度を調節したり、体内の老廃物や水分を体外に排出させる働きがあるので血圧の上昇やむくみを改善させることが出来ます。


また、みょうがにはアルファピネンやカリウム以外にも食物繊維やビタミン類・ミネラル類も少ないですが含有されているので、整腸作用などの効果を得ることが可能です。



他にもみょうがには、ミョウガジアールと呼ばれる辛み成分が含有されており、この成分には血流の流れをスムーズにする働きがあるため、積極的に摂取したい食材の1つです。



スポンサードリンク


みょうがは妊娠中の女性が食べても平気なのか



myoga / 305 Seahill



みょうがの香味成分であるアルファピネンは生物体に作用し、何らかの反応を引き起こす可能性があり、生のまま摂取すると口の中や喉周辺に違和感を覚えることがあります。


ですが、アルファピネンは油に溶けやすい性質を持っているので揚げ物や炒め物として摂取することをオススメします。特にごま油との相性が良いのでお試しください。



しかし、妊娠中の女性がみょうがを摂取する際は注意が必要です。


みょうがに含まれる苦み成分には胃や腸の機能を弱め、摂取した栄養素の吸収を妨害する効果があります。


そのため、十分な栄養が吸収することが出来ず、体温の低下や胎児および母体に悪影響を与える危険性があります。



ですが、みょうがの苦み成分は灰汁抜きを行うことで除去することが可能です。


みょうがには抗炎症効果や抗菌効果を持つカンフェンや鎮静・鎮痛効果を持つゲラニオールが含まれているのですが、これらの栄養成分は水に溶けにくい性質を持っているので安定して栄養成分を摂取することが可能です。



しかし、長時間水にさらしてしまうと、みょうがに含まれている優れた栄養成分が水に溶け出してしまいます。


なので、みょうがの灰汁抜きを行う場合は、刻んだみょうがを水に10秒から20秒ほどさらし、水気を切る際はギュッと絞らないように注意しましょう。



まとめ



みょうがの旬は6月から10月頃と言われています。


しかし、現在ハウス栽培などによって1年を通してスーパーやデパートで購入することが可能となっています。


また、みょうがは夏に収穫されるものを「夏みょうが」秋に収穫されるものを「秋みょうが」と呼び、秋みょうがの方が柔らかそうにぷっくりしています。



みょうがを食べても物忘れがひどくなる噂は真実ではありませんでした。



むしろ私たち人間の健康を維持することが出来る優れた栄養素がたっぷり含まれているので、今年の夏はみょうがを食べて夏負けを予防し、楽しい夏休みを満喫しませんか?




スポンサードリンク

    関連記事

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    スポンサードリンク

    人気ブログランキング参加中

    おすすめカテゴリー記事

    リンク