そら豆の優れた栄養価とは!?妊娠中の女性が食べても大丈夫?

スポンサードリンク


そら豆の優れた栄養価とは!?妊娠中の女性が食べても大丈夫?「ジャックと豆の木」や「そら豆の黒い筋」などに登場するそら豆は、私たち人間にとって大切な栄養素をたっぷり含んでいる優れた食材の1つです。

そら豆は年末頃に鹿児島県産のそら豆が市場に出回り始めるため冬の食材と思われがちですが、本来そら豆の旬は4月から6月になります。

そら豆は大豆や落花生などと並び六大食用豆の1つであり、今から4000年以上前の古代エジプトなどでは既に食用として栽培されていたそうです。

日本へそら豆が伝わったのは天平時代に行基の手によって大陸から伝わったと言われています。

古くから食用として栽培されていたそら豆にはいったいどのような栄養素が含有されているのでしょうか。その優れた効果・効能をご紹介します。

そら豆の優れた栄養価とは?



Fava beanstalks / 305 Seahill


そら豆は「若返りの野菜」という異名を持っており、大豆などに含有されている植物性の良質なたんぱく質をはじめ、ビタミンB1やビタミンB2、ビタミンCなどのビタミン類や鉄分やカリウム、マグネシウムに食物繊維などのミネラル類がたっぷり含有されています。



特にそら豆はビタミンB1の含有量が大豆やエンドウ豆、ヒヨコ豆などの豆類で群を抜いて含まれており、炭水化物を分解し、活動源として利用できるように変換してくれる働きがあります。



そのため、疲労物質である乳酸が体内に蓄積されるのを抑制し、疲労回復効果を得ることが出来ます。


さらにそら豆に含まれている鉄分によって、ヘモグロビンの働きが活発になり、酸素や栄養成分の供給をスムーズに行えるようになり、疲れを取るだけでなく、持久力を向上させる効果も得ることが出来ます。



そら豆には過酸化脂質が生じてかたち成すことを抑制させる作用があるため、血管年齢を若く保つことが出来ます。


また、血液中のコレステロールの酸化を抑制させるレシチンが含有されているので、動脈硬化や高血圧を予防し、さらに善玉菌を増殖させる働きがあるので生活習慣病の予防に効果的です。



他にもそら豆に含まれるレシチンや植物性のタンパク質は肝臓の機能を向上させ、二日酔いや肝臓の病を予防することが出来ます。



スポンサードリンク


優れた栄養素を含むそら豆は妊娠中の女性が食べても大丈夫?



近年妊娠高血圧症候群などの妊娠中の女性がかかる病を誘発する危険性があることが判明し、妊娠中は極力塩分を控え、低カロリーの食事を摂取するようにと勧告されています。



そら豆には妊娠中の女性に必要不可欠な葉酸や鉄分、カリウム、食物繊維などが含まれているため、積極的に摂取することを推奨されています。



そら豆に含まれる食物繊維は腸内に溜まっている不要なものを絡め取る働きがあり、体外へと排出することが出来ます。


特に旬を迎えて市場に出始めた頃のそら豆は皮ごと食べることが出来るため、より一層食物繊維を摂取することができ、優れた整腸効果を得ることが可能です。


そら豆に含まれるカリウムは体内の塩分濃度を調節すると共に体内に溜まった余分な水分や老廃物を体外へ排出する働きがあるので、浮腫みの改善に効果的です。



また、食物繊維との相乗効果によって胃の炎症から生じる浮腫みも改善することが出来ます。


他にも貧血や神経管閉鎖障害の発症を予防することが出来るため妊娠中の女性にお勧めの食材と言えます。


ですが、何事も適量がございますので、食べ過ぎにはご注意ください。



そら豆が苦手な方にお勧めの食べ方



そら豆のおつまみ / kynbit


そら豆がいかに栄養満点の食材といえども、苦手な方もいらっしゃるかと思います。


そこで、そら豆が苦手な方でも美味しく召し上がることが出来るお勧めの食べ方をご紹介します。



そら豆が苦手な方にお勧めしたいのが、すり潰してスープにしたり、カレーライスの具材として一緒に召し上がることです。



乳離れした乳児の離乳食としてそら豆を用いる場合も皮を剥いて刻んだり、すり潰して食べさせます。


特にカレーライスは味が濃いので、安心して召し上がることが出来ます。


他にはニンニクとベーコンのそら豆炒めもお勧めの1品です。食欲が減退している夏場にもってこいの1品です。


ニンニクの香りで食欲がそそられ、ベーコンの旨味でそら豆の風味も気にならなくなります。



まとめ



そら豆は人間の健康を支えるための優れた栄養素がたっぷりと含有されています。


しかし、豆類にアレルギーを持っている方や消化不良を起こしてお腹にガスが溜まっている方はそら豆を摂取するのを避けましょう。




スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事