tanizouの記事一覧

  1. 厚生労働省が5年に1度改定している「日本人の食事摂取量基準」には、日本人が1日に摂取しなければならない野菜の量を緑黄色野菜120g、その他野菜230gの合計350gを目安に摂るようにと薦めているのですが、平成25年の「21世紀における国民健…

  2. 秋雨前線が通り過ぎ、日本各地で気温20℃を下回る日が連日続くようになると、受験生や就活生、社会人の方々は、早め早めにインフルエンザや風邪対策を始めることと思います。インフルエンザや風邪対策として、最も有効とされているのが、生活習慣や食生活の…

  3. 10代から20代の若い女性を中心に人気を集めている「置き換えダイエット」は、多くのテレビ番組や雑誌、ネットなどで様々な食材や食品を用いたダイエット法が紹介されており、いまでは短期間で結果が出る定番のダイエット法となっています。 し…

  4. ひとむかし前まで高齢者向けの健康ドリンクというイメージの強かった青汁ですが、最近では大倉土門さんやダルビッシュ有さん、藍井エイルさんに鈴木あやさんなど若者のあいだでもじわじわと人気を集めています。 ですが、青汁はグリーンスムージー…

  5. スイカが美味しい、暑い季節になりました。スイカは、90%以上が水分で、夏の水分補給にはピッタリです。また、女性に嬉しいむくみの改善や、夏バテの疲労回復・血圧を下げる効果も期待でき、さらに100gあたり37kcalと低カロリー! そ…

  6. 「3日以上排便がない」「便が硬くて量が少なく残便感がある」といった状態を便秘と呼びます。便秘になると困るのが、お腹の張りやおならの臭い、痔などですが、もうひとつ辛い症状があります。 それは「腹痛」です。 便秘による腹痛は…

  7. ビタミンやミネラル、食物繊維などを豊富に含む野菜ですが、皆さんはどのように調理して召し上がっていますか。野菜は、大きく葉菜・根菜・果菜・茎菜の4つに分けられるのですが、それぞれ含有されている栄養成分が大きく異なるため、調理の仕方によっては栄…

  8. 食の欧米化や外食・中食の普及によって、現代日本人の野菜不足は深刻化しており、いまでは国を挙げてその対策に取り組んでいます。その取り組みのひとつとして、厚生労働省が5年に1度改正している「日本人の食事摂取基準」があるのですが、そこには日本人が…

  9. 厚生労働省は日本人が1日に摂取しなければならない野菜の量を350gと定めています。しかし、平成25年に行われた日本人の食べる野菜の平均量は272.85gと発表し、1日の目標摂取量の約80%しか摂取できていないことが分かったのです。 …

  10. 仕事や育児、家事で忙しくて食事が疎かになりがちなお父さんやお母さん、1人暮らしで自炊するのが面倒でついつい外食に頼ってしまっている大学生にとって、手軽に野菜不足を解消することができる野菜ジュースは、まさに救世主といえる存在となっています。 …

  11. いまでは老若男女問わず、健康や美容維持が期待できるヘルシードリンクとして多くの方々から愛飲されている青汁ですが、ひとむかし前まではバラエティ番組の罰ゲームに用いられるなど、あまり人気がありませんでした。 2014年3月に最終回を迎…

  12. コンビニやスーパーなどでよく見かける「カット野菜」は、毎日忙しい人や一人暮らしの人、野菜を食べたいけどたくさん買って帰るのが大変な高齢者など幅広い世代の方々のあいだで人気を集めており、2013年後半には生鮮野菜の高騰によって割安感も加わり、…

  13. これまで青汁や野菜ジュース、グリーンスムージーなど、いつでも好きなときに野菜を摂ることができる健康ドリンクを利用する方も多かったのですが、最近では若者を中心に野菜がたっぷり使われているサラダや温野菜などを食べるという方も増えてきています。 …

RETURN TOP

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中

おすすめカテゴリー記事