カテゴリー:野菜

  1. 夏野菜の代表「トマト」は6月から8月にかけて最盛期を迎える食材です。 しかし、トマトは日本の高温多湿の気候では育つのは難しく、この時期に収穫されるトマトが美味しいのかと言われると正直何とも言えません。 現在日本で育ったトマトが最…

  2. スナックエンドウまたの名をスナップエンドウは、1970年頃にアメリカからやってきた緑色の可愛らしい野菜です。 日本にやってきた当時はスナップエンドウの名で親しまれていたのですが、日本国内でもスナップエンドウをスナックエンドウという商品…

  3. 夏になると自宅で梅酒や梅干しを作り始める方々もいらっしゃるのではないでしょうか。 梅干しは古くから日本人に愛されている食材の1つであり、疲労回復や血液の流れをスムーズにさせる効果などがあります。 梅干しのカロリーは100gあたり…

  4. 「ジャックと豆の木」や「そら豆の黒い筋」などに登場するそら豆は、私たち人間にとって大切な栄養素をたっぷり含んでいる優れた食材の1つです。 そら豆は年末頃に鹿児島県産のそら豆が市場に出回り始めるため冬の食材と思われがちですが、本来そら豆…

  5. ネバネバの定番食材というと納豆やオクラなどが挙げられますが、 トロネバ食材といえば長芋ですよね! ホカホカのご飯の上にすりおろした長芋をかけて食べるとサラサラと食べられるため、食欲が湧かない夏場には最適です。 しかし、長芋…

  6. よく「みょうがを食べると物忘れをする」という言葉を耳にします。 しかし、実際はみょうがを食べても忘れっぽくなったり、物忘れがひどくなるなんてことは起こりません。 なぜこのような噂が広まってしまったのでしょうか。 「みょうが…

  7. しいたけは1年に2度旬を迎える食材です。 早春の3月から5月にかけてと秋口の9月から11月にかけてですが、しいたけの季語は秋ですので、初物として召し上がる際は9月となります。 初物のしいたけはピンとした張りがあり、群を抜いた香り…

  8. 生姜は薬効の高い食材として世界各国で漢方や民間薬、香辛野菜としてたいへん重宝されています。 特に中国では紀元前より薬として使用されていたことが記録として残っており、古くから多くの人々の健康を支えてきたことがうかがえます。 生姜が…

  9. じゃがいもは今から400年以上前に日本へ伝わった栄養価の高い食材の1つです。 しかし、じゃがいもがやってきた当初は日本人には受け入れがたい風味だったため、現在のように食べられることはありませんでした。 じゃがいもを日本人の舌に合…

  10. せっかくのイベント当日、バーベキュー場に着いてすぐに始められるように準備をしておきましょう。 下ごしらえをしておくことでゴミも減らせるし、素早くとりかかれるので、余った時間はのんびり出来ます。 今回は野菜の下ごしらえについて考え…

  11. 「山椒は小粒でもぴりりと辛い」という諺(ことわざ)をご存知ですか? 意味は、「身体は短小でも鋭利な気質や優れた才能を持っていて侮ることが出来ない」とということです。 山椒は古代より人間の生活の一部として使用されてきた馴染みの香辛…

  12. 「バーベキューなんて肉焼くだけだから簡単じゃん」なんて思ってませんか? でもシンプルな調理方だからこそ、工夫次第で何倍も美味しくなります。 まずは網の端の方でいつも炭になっている野菜の調理法から考えてみましょう。 野菜の調…

  13. 缶詰やスーパーで見かけるスイートコーン。 トウモロコシとはどうちがうの?? スイートコーンがさらにおいしく!とっておきの茹で方も紹介します。 スイートコーンとは? Sweet Corn / slappytheseal …

RETURN TOP

スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事