カテゴリー:飲み物

  1. うだるような暑い日はキンキンに冷えた香ばしい香りの麦茶が飲みたくなりませんか?麦茶は緑茶と同じく古くから日本人の渇きを癒してきた飲み物です。 そして、麦茶にはアルキルピラジンと呼ばれる血液をサラサラにする働きを持つ成分や血圧を降下…

  2. 今ではコンビニやスーパーなどで普通に販売されている牛乳ですが、昔は薬として用いられていたため、現代のように気軽に購入できる飲み物ではありませんでした。 日本で牛乳が庶民の間で飲まれるようになったのは、1869年頃からだそうです。 …

  3. よく海外旅行へ行った際、渡航先で水を飲んだら下痢になったという方も多いのではないでしょうか。その原因の多くが「硬水」だと言われています。 水は大きく「軟水」と「硬水」の2つに分けられており、水に含まれているカルシウム及びマグネシウ…

  4. 40代から50代の女性を中心に2003年より始まった韓流ブームによって、韓国特産の食べ物やスキンケア商品などが日本へと伝わり、今では東方神起やキム・ヒョナ、OH MY GIRLなどのK-POPや少女らしい可愛さをアピールすることができるオル…

  5. 近年、世界各国で野菜不足が深刻化しており、国を挙げて食生活の改善を図る取り組みが行われています。日本でも厚生労働省による国民栄養調査を行ったり、日本人の栄養所要量などを定めるなど様々な取り組みが行われておりますが、なかなか改善されていないの…

  6. カレーやシチュー、煮物にサラダ、付け合せなど様々な料理の具材として用いられる万能緑黄色野菜のひとつ“にんじん”ですが、その独特な食感や風味と鮮やかなオレンジ色の色彩によって苦手意識を持たれる方も大勢いらっしゃいます。 ですが、にん…

  7. 新米パパさん&ママさんは、産婦人科医の先生に赤ちゃんに食べさせても良いものや悪いものを詳しく質問されることかと思います。 赤ちゃんは、消化及び吸収機能が未熟であり、舌を使って固形物を咽喉まで運んで飲み込むという一連の動作をスムーズ…

  8. 毎年暑さの厳しくなる7月から9月にかけて熱中症にて救急搬送される方が増加しており、こまめな水分補給や直射日光を避けるなどの対策を取るように国から注意喚起されています。 ですが、実は熱中症対策は暑さが厳しくなる前のゴールデンウィーク…

  9. 欧米のことわざの1つに「トマトが赤くなれば、医者は青くなる」というものがあります。 日本でもテレビや雑誌など各種メディアにて、健康や美容維持に絶大な効果や効能を発揮すると紹介されており、旬の時期になるとスーパーやデパートの青果コー…

  10. 早春に咲き始める香気の高い梅の花は、5月から6月頃にかけて爽やかな香りを放つ青梅を付けたかと思うと、6月から7月にかけて完熟梅となり、青梅の旬はとても短いと言われています。 梅の実といえば、南高梅(なんこううめ)が頭にパッと浮かぶ…

  11. 現在甘酒は海外セレブの方々から「ジャパニーズヨーグルト」という名で呼ばれており、日本酒と共に注目を集めている飲み物の1つとなっています。 しかし、甘酒が健康や美容に良くても、中には苦手な方もいらっしゃるのではないでしょうか? そ…

  12. 六国史の1つである『日本書紀』にも登場する天甜酒(あまのたむざけ)は、甘酸っぱくてドロッとしたアルコール度数の低い飲み物だそうで、甘酒のルーツではないかと言われています。 今まで私たちは甘酒と聞くと冬に飲む物という印象がありましたが、…

  13. ようやく梅雨の長雨から解放され、澄み切った青い空とギラギラ輝く眩しい太陽が顔を出し、爽やかな夏がやってきました! 夏といえば、海水浴にプール、キャンプにバーベキュー、花火にお祭りと各地で様々なイベントが開催されます。ですが、折角の楽し…

RETURN TOP

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中

おすすめカテゴリー記事