1. サクサク食感が堪らない甘くておいしいクッキーをキャンバスにし、可愛らしいキャラクターやポスターのようなハイセンスなデザインを描いたり、“ありがとう”や“ごめんね”などのメッセージを書いたりする「アイシングクッキー」は、日本のみならず、全世界…

  2. 日本は世界でもトップクラスの大根消費国であり、富山県のブリ大根や山口県のけんちょう、群馬県のゆず巻き大根に岡山県のあみだいこんなど全国各地の郷土料理の食材として使用されています。 そんな和を代表する大根は、10月から3月に旬を迎え…

  3. 私たちがスーパーや八百屋さんで見かける大根は、「青首大根」と呼ばれる首の部分がほんのりと緑色をしている白い大根ですが、全身が真っ白な神奈川県三浦半島特産の「三浦大根」やふっくらとしたカブのような可愛らしいかたちをした鹿児島県特産の「桜島大根…

  4. 高知県・徳島県・愛媛県・大分県・宮崎県など四国や九州地方を中心に栽培が行われている香酸柑橘“柚子”は、酸味が強いため生食することはできませんが、お料理にほんの少し果汁を加えたり、果皮をスライスして乗せることで、柚子特有のフレッシュで爽快な香…

  5. TBS系列で現在放送中の大人気バラエティ番組「マツコの知らない世界」にて、2016年8月2日に放送された番組内で、合羽橋調理道具専門店「飯田」の6代目・飯田結太さんによって紹介された“大根おろし”をより楽しむことができるおろし器が紹介され、…

  6. 肌寒い季節になると急に食べたくなる「けんちん汁」と「豚汁」ですが、皆さんはこの2つの汁物の違いを言い当てることは出来ますか。「けんちん汁は郷土料理、豚汁は家庭料理」や「けんちん汁に豚肉を入れたものが豚汁」など曖昧な判断方法となっており、詳し…

  7. 9月から11月中旬になると、黄色に色付いた美しいイチョウの樹の下に独特のにおいを発するコロコロとした可愛らしい木の実が落ちているのを発見したことはありませんか。実は、その木の実こそ日本の食卓には欠かせない秋の味覚のひとつ「銀杏」の正体だった…

  8. 3時のおやつだけではなく、お弁当のおかずや夕ご飯のプラス1品としても大活躍している大学芋は、幅広い世代の方々から愛されているさつまいも料理です。 しかし、カラッと揚げたさつまいもを甘い水飴でコーティングして作られる大学芋は、100gお…

  9. 芳ばしい香りが食欲をそそる秋刀魚の塩焼きに大根おろしを乗せ、醤油を一滴垂らしたら、ふっくらと炊き上がった新米と共にパクッ!想像するだけでおなかの虫がぐぅ~っと鳴ってしまいそうですね。 秋刀魚は秋の味覚を代表する食べ物ですが、実は北…

  10. 焼き芋や大学芋、ふかし芋に天麩羅、スイートポテトなど様々な調理法でおいしく食べられる秋の味覚といえば「さつまいも」ですよね。 さつまいもは17世紀の初めごろに中国から沖縄県へと伝わり、鹿児島県へとやってきました。痩せた土地でもスク…

  11. 日本では11月15日頃に子どもたちの健やかに成長してくれたことへの感謝と将来や長寿を祈願して行われる参詣行事「七五三」が行われます。 七五三は、3歳・5歳の男の子、3歳・7歳の女の子が幼児から少年・少女期へと成長を遂げるためのお祝…

  12. 毎年2月6日は「海苔の日」ですが、皆さんは1日にどのくらい海苔を食べていらっしゃいますか。 1日3食必ず食べているという方もいれば、朝食だけ食べているという方、なかには、1年に数回食べる程度という方もいらっしゃるでしょう。 …

  13. どちらもカレイ目に属しているヒラメとカレイですが、ヒラメはヒラメ科、カレイはカレイ科に属する硬骨魚であり、旬の時期や含有されている栄養素、オススメの食べ方が若干異なります。 日本では昔からヒラメとカレイを見分けるときは“左ヒラメに…

RETURN TOP

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中

おすすめカテゴリー記事