1. 欧米のことわざの1つに「トマトが赤くなれば、医者は青くなる」というものがあります。 日本でもテレビや雑誌など各種メディアにて、健康や美容維持に絶大な効果や効能を発揮すると紹介されており、旬の時期になるとスーパーやデパートの青果コー…

  2. 夏になると、暑さが原因で食欲が減退し、冷やし中華やそうめんなどの冷たくてさっぱりした料理が食べたくなる方も大勢いらっしゃるかと思います。 ですが、街を歩いていると、カレーのスパイシーな香りがどこからともなく漂ってきて、30度を超え…

  3. 日本の食卓に欠かせないお漬物といえば、白菜や茄子、大根などが挙げられますが、中でもきゅうりの漬物は、老若男女問わず絶大な人気を得ており、浅漬けや糠漬け、醤油漬けにピクルスなど様々なバリエーションがあるため、和洋折衷どのような料理にも合う万能…

  4. 早春に咲き始める香気の高い梅の花は、5月から6月頃にかけて爽やかな香りを放つ青梅を付けたかと思うと、6月から7月にかけて完熟梅となり、青梅の旬はとても短いと言われています。 梅の実といえば、南高梅(なんこううめ)が頭にパッと浮かぶ…

  5. 早春になると葉よりも先に花開く梅は、香気が高く、鎌倉時代頃から香の観賞が積極的に行われ、詩歌に詠まれるようになります。そんな梅は、花が枯れた後、爽やかな香りを放つ可愛らしいグリーンの果実を実らせます。 私たちはそれを「梅の実」と呼…

  6. 皆さんは「花わさび」と「葉わさび」を食べたことはありますか? 花わさびや葉わさびとは、日本原産のツーンとする辛味を持つわさびの葉や花芽のことです。私たちが普段口にしているわさびは、根茎部分であり、薬味として刺身やお寿司などに用いら…

  7. 皆さんは「サーモン」と「鮭」の違いって分かりますか? 「え!サーモンも鮭も同じじゃないの!?」と思われた方も多いかと思いますが、実は名前も栄養面も食べ方などほぼ全て異なる魚なのです。 では、サーモンと鮭の違いについてご紹…

  8. 国内で生産されているレモンは10月から翌年の3月にかけて旬を迎えるのですが、様々な料理の材料となるレモンは通年を通して安定して供給できるよう、アメリカやチリなどから大量に輸入されています。 しかし、輸入のレモンは残留農薬や防カビ剤…

  9. 皆さんはごはんを炊く際、炊飯器と土鍋どちらを使っていますか? 近年外食ではなく、自炊を行う男女が増加傾向にあり、若い世代を中心に土鍋でご飯を炊く「土鍋ごはん」がブームとなっています。 しかし、土鍋を使ってご飯を炊くという…

  10. 家庭によって味や具材が異なる「味噌汁」は和食を代表する料理の1つです。 今までおふくろの味といえば「肉じゃが」と言われ続けてきましたが、最近ではホッとする優しい味わいと心がポカポカ温かくなるお味噌汁をおふくろの味と答える方も大勢い…

  11. 2月から5月にかけて旬を迎えるひじきは、なんと縄文時代の頃から食べられている国民食の1つとして知られており、平安時代の初めに記された「伊勢物語」には「鹿尾菜藻」という名で登場しており、927年に記された「延喜式」には長寿の象徴としてひじきを…

  12. 年に2度旬を迎えるしいたけは、ステーキやグラタン、天麩羅に炊き込みご飯、鍋料理などどんな料理にも使える万能野菜の1つです。 しいたけは昔から干したものを調理に使用するのが一般的ですが、最近では生しいたけ独特の食感と香りや味わいも人…

  13. 贈り物の定番スイーツとして知られる「クッキー」ですが、皆さんはクッキーとビスケット、サブレの違いってご存知ですか? 料理好きな方ならばご存知かもしれませんが、実はこれら3つのスイーツはほぼ同じ材料が使われており、分量も大差がありま…

RETURN TOP

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中

おすすめカテゴリー記事