1. 名前に「冬」の文字が使われているのに、夏に旬を迎える「冬瓜 (とうがん)」は、インドを原産国としており、5世紀頃に中国を経由して日本へ伝わった野菜のひとつです。 奈良時代に記された「正倉院文書」などには「冬瓜」や「鴨瓜 (冬瓜の和…

  2. 5月から9月にかけて旬を迎える「茗荷 (みょうが)」は、ほんのりとした苦みとシャキシャキとした食感、そして独特な芳香を持つ赤紫色の美しい夏の香味野菜です。 みょうがといえば、昔から「茗荷を食べると物忘れをする」と言いますが、これは…

  3. 牛カルビやタン、ロースにハラミ、豚トロ、ホルモン、レバー、サーロイン名前を聞くだけでよだれが出てきそうですよね。 お肉といえば、夏のイメージが強く、キンキンに冷えたお酒を飲みながらこんがりと焼けたお肉を頬張る瞬間は、子どもの頃には…

  4. 7月頃から北海道で獲れ始める秋の味覚「秋刀魚」は、南下するにしたがって脂が落ちてゆくため、8月下旬から10月上旬が旬となります。 特に北海道の道東で9月頃に漁獲される秋刀魚は、海中のプランクトンをたっぷり食べてプリップリな産卵間近…

  5. ここ数年、異常気象や不景気の影響で野菜や果物の価格が高騰することが多々ありました。 これを受け、自宅で野菜を育てる家庭菜園が主婦のあいだでブームとなり、最近ではアパートやマンションなどの集合住宅でもベランダにプランターを用意してお…

  6. キャンプや釣りなどアウトドアの際には欠かせないアイテムといえば「クーラーボックス」ですよね! クーラーボックスという名前から、夏にお世話になるイメージが強いですが、最近では運動会やピクニック、スキーやスノボーなどのウィンタースポー…

  7. オクラや納豆、ヤマイモなどと同じく、ネバネバ食材として知られるモロヘイヤは、エジプトやアラビア半島などで古来より愛食されている緑黄色野菜のひとつです。 モロヘイヤという名前は、アラビア語の「ムルキーヤ」という言葉が由来となっており…

  8. 8月1日と8月17日はパイナップルの日です。 「なんでパイナップルの日は2つあるの?」と疑問に思われた方もいらっしゃることでしょう。 8月1日の「パインの日」は、平成2年に沖縄県パイン・果樹生産振興対策協議会により沖縄県…

  9. 日本の夏は高温多湿のため、ジメッとした蒸し暑さが特徴です。 そのため、身体が正常に機能せず、夏バテを引き起こすという方も大勢いらっしゃいます。 特に温暖化の影響で、日本だけではなく世界各国で異常気象となっており、インドで…

  10. 今年もゴーヤがおいしく感じる季節がやってきましたね。 ゴーヤはトマトや生姜、モロヘイヤなどと同じく夏に旬を迎える野菜であり、最近では食べるだけではなく、夏をエコに過ごすためのグリーンカーテンとしても活躍しています。 そん…

  11. 皆さんお待ちかねの夏がやってきましたね!夏といえば、海水浴や夏祭り、花火大会に甲子園などこの季節ならではのイベントや行事がたくさんあります。 特にここ数年、登山やホーストレッキング、ケイビングにロッククライミング、ツリーイングなど…

  12. 夏になると急激に食べたくなるスイーツといえば「かき氷」ではないでしょうか。 かき氷は平安時代の頃に誕生した和スイーツであり、今では日本だけではなく、世界各国で涼を取るための食べ物として人気があります。 かき氷といえば、色…

  13. 夏になると無性に食べたくなる料理といえば、チュルチュルとした喉越しが堪らない冷やし中華や冷麦、冷製パスタに蕎麦、うどんなどの麺類ではないでしょうか。 なかでも素麺は、作り置き可能&アレンジレシピも豊富にあるため、主婦の強い味方とな…

RETURN TOP

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中

おすすめカテゴリー記事

リンク