マッシュルームの保存方法と保存期間とは?ダイエッター必見!

スポンサードリンク


マッシュルームの保存方法と保存期間とは?ダイエッター必見!

10月から12月ごろに旬を迎える“マッシュルーム”は、100gあたりたったの11kcalとたいへんヘルシーで、しかも栄養満点なキノコ類としてダイエッターのあいだで話題の食材です。


マッシュルームには、多糖類・ビタミンD・葉酸・カリウム・銅・パントテン酸・セレンなどが含まれており、さらに、ダイエットを成功に導くために必要不可欠なたんぱく質・ビタミンB群・食物繊維などの成分も豊富に含まれています。


マッシュルームダイエットは、1日1食マッシュルーム料理を食べるだけのお手軽ダイエットなのですが、最低でも2週間は続けなくては効果が表れないと言われています。


しかし、マッシュルームは非常に傷みやすい食材ですので、保存方法や保存期間には十分注意を払わなくてはいけません。


そこで、今回はマッシュルームダイエットをお考えのダイエッターさん必見!マッシュルームをおいしく保存する方法と保存期間についてご紹介します。



マッシュルームってどんなキノコなの?



マッシュルームですよ。オススメの食べ方。。生で食えとな。 / adelie33_Asako


マッシュルームとは、英語で「mushroom」と表すのですが、日本語にすると「キノコ類」となり、かつて日本国内では輸入されていた食用キノコのことを「マッシュルーム」と呼んでいたため、現在もその名残でマッシュルームと呼ばれています。


マッシュルームには、ホワイトマッシュルーム・ブラウンマッシュルーム・オフホワイトマッシュルーム・クリームマッシュルームの4種類あり、最近ではインパクト抜群のジャンボマッシュルームと呼ばれる種類も市場に出回っています。


ちなみに、現在日本国内でも千葉県・岡山県・茨城県・山形県・静岡県を中心にマッシュルームの栽培が積極的に行われており、国内産のマッシュルームを購入することができます。



スポンサードリンク


マッシュルームの保存方法と保存期間



マッシュルーム熱々うまうま / sabamiso


マッシュルームの保存方法には、常温・冷蔵・冷凍の3パターンございます。


それぞれの保存方法によって保存期間が大きく変わってきますので、どのくらい日持ちさせたいのかによって適切な保存方法を選択しましょう。


常温保存


マッシュルームが旬を迎える時期は、10月から12月の晩秋から初冬にかけてですので、常温保存が可能です。しかし、雑菌が沸く可能性がありますので、できれば冷蔵または冷凍保存で管理することをオススメします。どうしても常温で保存したいというのであれば、暖房の効いていない冷暗所で保存しましょう。


[常温保存による保存期間目安]
マッシュルームを常温保存した場合、環境によって異なりますが、1日から数日ほど日持ちさせることができます。


冷蔵保存


マッシュルームを冷蔵保存する場合、洗わずに保存することがポイントです。なぜ、マッシュルームを洗って保存してはいけないのかと言いますと、水分が付着して傷みやすくなってしまうからです。


冷蔵保存する際は、パックに包まれたまま保存するのも良いですが、よりマッシュルームを長持ちさせたいという場合は、マッシュルームを乾燥から守るため、パックから取り出して、ジップ付きの袋やタッパー、サランラップなど密閉できる容器に入れて保存しましょう。


もし、マッシュルームをカットしてから保存するというのであれば、切り口から酸化するのを防ぐためにレモン果汁をかけて保存しましょう。


[冷蔵保存による保存期間目安]
カットしていないマッシュルームを密閉容器へ入れて冷蔵保存した場合、1週間ほど日持ちさせることが可能です。ただし、購入時の鮮度や冷蔵庫の温度によって保存期間が異なります。マッシュルームをより長く冷蔵保存したいという方は、鮮度の高いマッシュルームを購入し、冷蔵庫内の温度が2℃から5℃の環境で保存するようにしましょう。


ちなみに、野菜室の温度は3℃から8℃とやや高めなので、マッシュルームの鮮度を守るためには冷蔵室で保存することをオススメします。


冷凍保存


マッシュルームを長期間保存したい方や生食しないという方の場合、冷凍保存がオススメです。ただし、冷凍保存できるマッシュルームは調理を行っていない生マッシュルームであることが前提となりますのでご注意ください。


マッシュルームを冷凍保存する方法は、石附を切り落とし、調理しやすいように適度な大きさでカットします。カットしたマッシュルームは洗わずにジップ付きの袋やタッパーなどの密閉容器へ入れ、内部の空気をしっかり抜いて金属製のバットの上に乗せて冷凍保存します。


マッシュルームはカット面から酸化が始まってしまいますので、包丁にレモン果汁を付けてからマッシュルームを切り、密閉容器に入れる前にマッシュルームの切り口にレモン果汁をかけて保存するとマッシュルームの酸化を遅らせることができます。


[冷凍保存による保存期間目安]
マッシュルームは冷凍保存すると、どうしても水っぽくなってしまいますので、使用する際は解凍せず、凍った状態で直接料理に使用することをオススメします。また、洗っていないことに不安を感じる方は、流水で軽く洗ってから料理に使用するのがオススメです。


マッシュルームの冷凍保存期間目安は、1ヶ月ほどです。もちろん、それ以上日持ちさせることも可能ですが、保存期間が長くなればなるほど劣化して行きますので、出来る限り1ヶ月以内に使い切るようにしましょう。



まとめ


今回はマッシュルームの保存方法や保存期間についてご説明させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。マッシュルームを栽培されている農家さん曰く、マッシュルームをおいしく保存するならば、無洗状態のマッシュルームを2℃から5℃の冷蔵庫内で保存するのが1番なのだそうです。


しかし、ダイエット食材としてマッシュルームを用いる場合は、長期保存と加熱調理を前提にお考えかと思いますので、そういった事情をお持ちの方は冷凍保存の方が使い勝手が良くなります。もうすぐマッシュルームのおいしい季節がやってきます。目的に合わせた保存方法でおいしいマッシュルームを長く楽しみましょう。


スポンサードリンク

    関連記事

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    スポンサードリンク

    人気ブログランキング参加中

    おすすめカテゴリー記事

    リンク