ふきを美味しく食べるための下処理方法とは?

スポンサードリンク


ふきを美味しく食べるための下処理方法とは?

ふきのイメージってどういうものでしょう?

お弁当の歌にできますよね。「筋のとおったふ~き」。筋っぽい?あまりポピュラーではない食べ物でしょうか?私には???のふきのお話です。

ふきとは?




立派なふき / sawamur

旬は春から夏の日本原産の山菜であります。自生しているのはほとんどなく、現在市場に出回っているのは栽培された品種です。

ふきのつぼみは、「ふきのとう」と呼ばれ天ぷらや煮物、ふきのとう味噌に調理して食べられます。

他には、葉柄と呼ばれる茎のような部分を食します。おもに煮物や炒め物にしたり、つくだ煮「きゃらぶき」にしたりして食べます。

美味しいふきの見分け方ですが、葉がついていたら鮮やかな緑色、葉柄は黄緑色で明るいものを選ぶようにしましょう。

また、葉柄元が赤くなっていないもの、色が鮮やかでつやがよいもの、しおれていなものを選ぶと良いと思います。


スポンサードリンク

下処理しましょう

ふきを洗って鍋の大きさに切り、まな板に並べて塩をふり、手で転がしてしばらく置きます。

塩が自然に溶けたら、沸騰したたっぷりのお湯で色が鮮やかになるまで茹でます。

色が鮮やかになったら、すぐに取出し冷たい水につけます。

ふきが冷めてから、皮を水中でむき、20分ほど水につけあくを抜きます。

この手順で下処理完了です。

ふきは、セロリのように筋が多いので、筋を取る必要があります。あくが強いので、下処理をせず生のまま筋を取ると指先が黒くなります。

ふきレシピ(春の炊き込みご飯)




炊き込みご飯 / shokai

材料(4人分)

米:4合

たけのこ:200g 

ふき:3本

油揚げ:1枚 

しょうゆ:300cc

酒:150cc

みりん:150cc

こんぶだし:大さじ1

作り方

米は洗って、ざるにあげておきます。

油揚げは、熱湯をかけて油抜きし食べやすい大きさに切ります。

たけのこ、ふきも食べやすい大きさに切ります。

たけのこ、ふき、油揚げを調味液に20分つけておきます。

炊飯器に米とした味をつけた材料をいれ、炊飯器の目盛りに合わせて水を加え、炊き上げます。

炊き上がったら、底からよく混ぜ器に盛り付けて召し上がれ。

春いっぱいの炊き込みご飯、ぜひお試しあれ。

 

  


スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中

おすすめカテゴリー記事

リンク