オムライスが上手に包めないという方必見!簡単にオムライスを包むコツを伝授します♪

スポンサードリンク


オムライスが上手に包めないという方必見!簡単にオムライスを包むコツを伝授します♪オムライスは洋食料理店で食べられているため、「海外の料理なのかな?」と思われがちですが、実は日本発祥のお米料理だったのです。

では、なぜ「オムライス」というのかと言いますと、フランス語の「Omelette」と英語の「Rice」を組み合わせた和製英語です。

そんなオムライスが近年食卓のメッセンジャーとして注目を集めていることはご存知ですか?今回はオムライスの人気の秘訣と上手く作るコツをご紹介したいと思います。

オムライスが絆を紡ぐ!?その理由とは?



オムライスといえば、TBS系列で放送されていた人気テレビドラマ「ウロボロス」やに日本テレビ系列で放送されていた「Dr,倫太郎」など様々なドラマで登場しており、さらに日本一のオムライスの店舗を決定する「カゴメ オムライススタジアム」が2015年の5月に開催されたのは記憶に新しいかと思います。


話題沸騰中のオムライスは、なんと女性の90%以上が異性にお手製のオムライスを作った経験があると回答しており、さらに男性も60%以上の方々が女性へオムライスを振る舞った経験があると答えています。


オムライスは、溶いた鶏卵を熱したフライパンで半熟に焼き、味付けされたご飯を丁寧に包み込んで紡錘型に整え、上からケチャップやデミグラスソースなどをかけた料理です。


オムライスを作った経験のある方々はオムライスを紡錘型に整えた後にケチャップで文字や絵柄を描き、必勝祈願や愛の告白、感謝の気持ちを伝える通称「オムレター」によって、思春期のお子様とのコミュニケーションや照れくさくてなかなか言えない感謝の気持ちを伝える手段として大活躍しています。


しかし、オムレターをしたくても味付けされたご飯を上手く包まなければ成功しません。


そこで、失敗しないオムライスの包み方をご紹介したいと思います。



スポンサードリンク


失敗しないオムライスの包み方のコツとは?



オムライスを綺麗に作るコツはいくつかありますが、今回は定番の包み方と誰でも簡単に包めるコツをご紹介したいと思います。


定番の包み方



オムライス(洋食ながおか, 中央区湊) Omu rice (Nagaoka) / jetalone


定番のオムライスの包み方ですが、上手に包むポイントは3つあります。



1.油は出来るだけ多めに使うこと。

油を敷かなくても良いと言われるテフロン加工のフライパンを使用している方もオムライスを作る際は必ず油を敷くようにしましょう。油を敷くことでふわっふわの卵を作ることが出来ます。

また、中にはバターを使用して卵を焼く方もおられますが、バターは香りが良くなる代わりに焦げやすいというデメリットがあります。バターを使用する際は、多めのサラダ油を熱した後に香り付けとしてバターを使用することをオススメします。



2.卵は10秒以内に大きく5回かき混ぜること。

オムライスの卵は強火で一気に焼き上げます。そのため、如何に迅速に卵を固まらせることなく、ふわふわに焼き上げるかがポイントとなります。

強火で熱せられたフライパンに溶き卵を一気に注ぎ入れ、大きな円を描くように素早く5回かき混ぜます。卵に火が通らないうちにかき混ぜるのがポイントです。



3.かたちを整えるのは火を止めてから行うこと。

プロの料理人の方々は火が付いた状態で素早くご飯を包み込むことが出来ますが、なかなかプロのようにうまくいかないものです。

ですので、半熟状態の卵で火を止めてから、ご飯を加えて、ゆっくり成形することで火を止めていても余熱でじわじわと卵に火が通るので焦げる心配もありませんし、生焼けになることもありません。



絶対失敗しない包み方



SANY0424.JPG / neco


上記のやり方でもうまく包めないという方は、キッチンペーパーやクッキングシートを使うことをオススメします。


味付けしたご飯をお皿に盛り付け、その上に半熟に焼き上げた卵を乗せます。そして、キッチンペーパーやサランラップを卵の上に被せ、自身の手で優しくギュッギュッと成形してゆきます。この方法ならば、絶対に失敗しないのでオススメです。


また、フライパンで卵を焼く際に大きめのクッキングシートを敷いておき、油を敷いて卵を焼き上げてゆきます。そして、卵が程よく半熟になったのを確認したら、クッキングシートの端を掴んで成形することで、綺麗なオムライスを作ることが出来ます。


他にも失敗しないオムライスの方法はたくさんありますが、今回は最も簡単なオムライスの包み方をご紹介させて頂きました。


もうすぐ冬がやってきます。受験勉強で夜遅くまで勉強しているお子様やクリスマスにオムライスを作ろうと思っている方は是非、この方法でオムライスを作ってみてはいかがでしょうか。



スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事