節分料理「恵方巻」はいつから食べられるようになったの?気になる恵方巻の意味とは!

スポンサードリンク


節分料理「恵方巻」はいつから食べられるようになったの?気になる恵方巻の意味とは!お正月を無事に迎え、今度は2月3日の節分に向けての準備が行われます。

節分とは、文字通り「季節を分ける」という意味が込められており、節分の翌日にあたる2月4日は立春のため、古くから2月3日は大晦日として扱われ、新年を迎えるために今年の縁を断ち切るという願いが込められています。

そんな節分の日に食べられるのが、年越しそばではなく恵方巻なのですが、なぜ節分の日に恵方巻を食べるのでしょうか。

今回は恵方巻の意味や食べ方、そして2016年の恵方をご紹介したいと思います。

恵方巻が食べられるようになった理由とは?



5591 / sakura_chihaya+

恵方巻が食べられるようになったのは、江戸時代から明治時代にかけてと言われています。


そして、恵方巻発祥の地は「天下の台所」として栄えた大阪府です。


当時、大阪府内では大阪船場に花魁遊びを行うのが流行していました。


そして、大阪の花魁界隈では、節分の日に遊女へ巻き寿司をプレゼントし、遊女たちが太く巻かれた巻き寿司を男の象徴に見立てて、丸かじりする様を見て楽しんでいたそうです。



この説は、恵方巻きを日本各地に広めた海苔問屋教会事務局でも認めており、正式な恵方巻きのルーツとして扱われています。



もちろん、ご紹介した節の他にも節分の時期に丁度漬け上がる漬物を海苔巻寿司にし、恵方に向かって食べて縁起を担いだなどもありますが、こちらの説も大阪の花魁界隈で誕生した説の1つとなっており、恵方巻きは大阪府の男性が考えた行事メニューだということになります。



では、恵方巻きの意味とはどういう意味が込められているのでしょうか。


恵方巻には7種類の具材が入っており、それぞれを七福神に見立てて福を呼び込むという意味が込められています。


また、きゅうりを青鬼、生姜やでんぶを赤鬼に見立て、邪気を払うや鬼を退治するという意味が込められていると言います。


しかし、これら全ての意味は後付されたものなので、実際には効果があるのかと言われると定かではありません。



スポンサードリンク


恵方巻が普及した理由とは?



120203 / yoco**

大阪府の花魁界隈で誕生した節分に太巻きを食べる文化が、いつの間にか福を呼び込む「恵方巻」となったのは1989年のことです。


広島県にある1軒のセブンイレブンにて、海鮮類や玉子、カラフルな野菜を入れた太巻きを縁起物として節分の日に「恵方巻」という名で販売したところ、その噂は瞬く間に日本各地に広がり、1998年には、ほぼ日本全国のセブンイレブンで恵方巻を販売するようになったのです。



恵方巻の発案者であるセブンイレブンの執行役員 野田靜眞氏は、当時の関西地方には節分の日に各年によって縁起の良い方角(恵方)を向いて無言で太巻きを食べる風習があることを知り、太巻きを恵方巻として一部のコンビニエンスストアにて販売を開始したそうです。



その後、1995年には関西以西地域にて、恵方巻が販売され、1998年に全国各地で食べられるようになり、2015年現在では、スポンジケーキにフルーツや生クリームを包んだスイーツ系の恵方巻など様々なバリエーションの恵方巻が誕生し、子どもからおじいちゃん・おばあちゃんまで幅広い世代の方々から愛される食べ物となったのです。



2016年の恵方&恵方巻きの食べ方とは?



恵方巻 / genta_hgr

2016年の恵方は、丙の方角「南微東」となっており、ほぼ南南東を向いて食べるのが良いと言われています。


恵方とは、歳徳神と呼ばれる頗梨采女(櫛稲田姫)が居る方角を表します。歳徳神はころころと居場所を変えるため、恵方もころころと変わります。


恵方巻の正しい食べ方は、恵方を向いて無言で1本の太巻きを丸かじりすることです。


1本丸かじりすることで、幸福が訪れると言われており、商売繁盛の運気がアップすると言われていますが、恵方巻の由来を知った後では、微妙な気持ちになりますね。



そこで、恵方巻の由来や意味を払拭するために、今年は恵方巻に牛カツやサーモン、ハンバーグなどを入れて、子どもから大人までおいしく食べられる恵方巻パーティを開催するのも楽しいかもしれませんね♪



まとめ


今回は恵方巻の意味や食べ方、そして2016年の恵方をご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。


恵方巻の意外な由来や意味、2016年の恵方などをまとめてみました。


是非、今年の節分は家族や恋人、お友だちを誘って楽しくて賑やかな恵方巻パーティを開催してみませんか?



スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中

おすすめカテゴリー記事