飲みにくい青汁を飲みやすくする工夫

スポンサードリンク


飲みにくい青汁を飲みやすくする工夫

ひとむかし前まで高齢者向けの健康ドリンクというイメージの強かった青汁ですが、最近では大倉土門さんやダルビッシュ有さん、藍井エイルさんに鈴木あやさんなど若者のあいだでもじわじわと人気を集めています。


ですが、青汁はグリーンスムージーやコールドプレスジュースといった飲みやすい健康ドリンクとは異なり、野菜独特の苦みや青臭さが感じされる不味くて飲みにくい健康ドリンクですので、初めて飲んだときは衝撃を受けたのではないでしょうか。


そこで、今回は飲みにくい青汁を飲みやすくするオススメのアレンジ方法をご紹介します。



最強の組み合わせ「青汁×牛乳」



s-RIMG4095 / eiko_eiko


飲みにくい青汁を飲みやすくする鉄板のアレンジ方法が「青汁×牛乳」の組み合わせです。青汁を牛乳で溶かすことで、青汁の苦みや青臭さが抑えられ、まるで抹茶ミルクのような味わいに変化します。


さらに、青汁を牛乳で溶かすことによって、牛乳に含まれるたんぱく質と糖分によってカルシウムの吸収率が高まり、骨粗鬆症やイライラなどを予防することができます。


青汁と牛乳を組み合わせただけでは、まだ少し飲みにくいと感じる方は、蜂蜜を少量加えると甘みが強まり、飲みやすくなるので、個人的にはこちらのアレンジ方法のが好みです。



女性にオススメの組み合わせ「青汁×豆乳」



豆乳 / TAKA@P.P.R.S


続いて「青汁×豆乳」です。ビタミンやミネラル、食物繊維など野菜の栄養素がたっぷり含まれる青汁と植物性たんぱく質をはじめ、サポニンやイソフラボン、ビタミンB1にビタミンE、葉酸に鉄分など多種多様な栄養素をバランスよく含んでいる豆乳を組み合わせると、優れた美容効果を得られるようになります。


また、豆乳は牛乳よりもカロリーが低く、基礎代謝を高める効果がありますので、ダイエット効果が得やすいので、青汁を用いた置き換えダイエットにも最適です。


気になるお味ですが、どちらも独特な風味を持つ飲み物ですので一見相性が悪く見えますが、青汁と豆乳を混ぜ合わせることでお互いのクセを消し合ってくれますので、とっても飲みやすくなります。


さらに美容効果を高めたいという女性は、「青汁×豆乳×きな粉×ゴマ」を組み合わせるのがオススメです。



スポンサードリンク


朝食デザートにピッタリな組み合わせ「青汁×ヨーグルト」



Yogurt / jetalone


牛乳と相性が良い青汁は、ほどよい酸味とまろやかな味わいを持つヨーグルトとも相性抜群です。デザート感覚で食べられる「青汁×ヨーグルト」の組み合わせですが、気になるのがその味です。


青汁をヨーグルトに加えると、ヨーグルトの酸味が青汁の苦みや青臭さをカバーしてくれますので、牛乳同様、安心して食べることができます。忙しい朝や小腹が空いたとき、野菜嫌いな子どもたちのおやつなどにもピッタリです。


ですが、食事が疎かになりやすいお父さんやお母さん、1人暮らしの方の場合、食べるタイプのヨーグルトではなく、飲むタイプのヨーグルトと組み合わせるのがオススメです。



意外と美味しい「青汁×お味噌汁」



IMG_1099.JPG / ftomiz


寒い季節にオススメしたいアレンジ方法が「青汁×お味噌汁」です。「青汁って温めても平気なの?」と思われる方も多いと思いますが、青汁は温めても含まれている栄養素が壊れてしまう心配がありませんので、お味噌汁やスープに加えても問題ありません。


むしろ、お味噌汁に青汁を加えることで香りが良くなり、野菜の代わりにもなります。今日はあまり野菜を食べていないなと感じたときは、お味噌汁に青汁を加えてみてはいかがでしょうか。



まとめ


今回は青汁を飲みやすくする工夫についてご説明させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。他にもグリーンスムージーやパンケーキなどの料理に加えたり、ココアやコーヒー、緑茶などと混ぜるなど様々な方法があります。


ただし、青汁の原材料や加工状態などによっては相性の悪い組み合わせもありますので、いろいろな方法を試してあなたに合ったものを見つけましょう。


スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中

おすすめカテゴリー記事