ココアはいつ飲むのが良い?効果的な飲み方のタイミング!

  • ココアはいつ飲むのが良い?効果的な飲み方のタイミング! はコメントを受け付けていません。
スポンサードリンク


ココアはいつ飲むのが良い?効果的な飲み方のタイミング!

冬になると飲みたくなる、甘くて温かいココア。飲むとなんだかホッとするのですよね。


子どもから大人まで好かれる味をしています。しかも、美味しいだけではなく、身体に嬉しい効果もたくさん持っています。アンチエイジングやリラックス効果などありがたいことがたくさんです。


今回は、そんなココアの効果を発揮させるにはどのタイミングで飲むのが良いのか、ココアが持っている効果も一緒にご紹介していきます!



ココアの効果




ココアが身体に良いというのは少し前に話題にもなったかと思います。私も体に良いと知ってから、仕事中によく読んでいたのを思い出します。


ここで改めて、ココアが持つ身体への嬉しい効果についてご紹介していきます。


①抗酸化作用


ココアに含まれるポリフェノールには抗酸化作用があり、これが身体の老化・病気の予防となる働きをしてくれます。


私たちの身体は、紫外線やストレスが原因となって発生する活性酸素によって酸化していきます。


身体が酸化していくと、シミやシワが増えるなどの老化に繋がり、さらには動脈硬化など、さまざまな病気の原因にもなってしまいます。


このような、老化や病気の原因となってしまう身体の酸化の予防をしてくれる効果がココアにはあります。女性にはかなり嬉しい効果だと思います。


②リラックス効果


「ココアを飲むとホッとする」という人、きっと多いと思うのですが、これはココアにリラックス効果があるからです。


ココアに含まれるカカオポリフェノールという成分に、ストレスのホルモンを抑える働きや、自律神経の働きを整える効果があります。


また、気持ちを安定させる、という効果もあるそうです。


ココアを飲むとホッとした気持ちになる人が多いのはこのためかもしれませんね。


③体温保持効果


ココアには、体温を保つ働きがあることがわかっていて、ココアを飲んだ後は、他の飲み物を飲んだ後よりも体温を高い状態が続くのだそうです。


これは、ココアには血管拡張作用があり、手足の先に伸びている細い血管まで血液の循環がうまくいくようになるからなんです。


だから、ココアは飲んだ後も、長い間ぽかぽかでいられるのですね。


冷え性で悩んでいる人も多いでしょうから、これは嬉しい情報ですね。やっぱり冬のドリンクとしてピッタリのココアですね。


④便秘改善


ココアには、食物繊維が豊富に含まれているそうです。これが腸に刺激を与えて活動を活発にさせ、便秘の改善に効果を発揮します。



スポンサードリンク


いつ飲むのがいい?




そんな嬉しい効果がたくさんあるココアですが、お次は飲むタイミングについてご紹介していきます。


調べてみると、飲むタイミングによって効果がすこし変わってくるようです。


①朝⇒ 便秘解消、冷え性 など


朝の空腹時にココアを飲むと、腸が刺激されて便秘の解消に効果があるようです。ココアの食物繊維が便秘解消の効果があるんでしたね。


また、ココアの血管拡張作用によって、冷え性の改善にもなります。朝は身体が冷えているので、ココアを飲んで身体を温めましょう。


②寝る前⇒ リラックス効果、冷え性 など


ココアにはリラックス効果があると先ほどご紹介しましたが、寝る前に飲むと、リラックス効果が高まり安眠に繋がりますよ。


身体の冷えを改善し、体温を保つ効果もあるので暖かくして眠ることもできますね。



まとめ


以上、ココアが持つ効果や、いつ飲むのが効果的なのかについてご紹介しました。ココアには、身体にも良いことがわかりましたね。


美味しいのでたくさん飲めてしまいますが、カロリーが高いという注意点があります。1日に2・3杯までにしておいてくださいね。


飲み過ぎに注意して、ココアで美味しく健康に過ごしましょう♪


スポンサードリンク

  • 2018 01.24
  • ココアはいつ飲むのが良い?効果的な飲み方のタイミング! はコメントを受け付けていません。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事