粉豆腐とは?高野豆腐からの作り方

スポンサードリンク


粉豆腐とは?高野豆腐からの作り方現在数多くのメディアインターネット情報サイトで注目を集めている粉豆腐をご存知ですか?

粉豆腐とは女性を中心に人気を博している現在最もホットな食材の1つです。

粉豆腐とは、高野豆腐を粉末状にした食品で、粉チーズやおからのような見た目をした豆腐製品です。

ぜ、現在粉豆腐がここまで人気を集めているのか、どのような効果・効能があるのかをご紹介したいと思います。

粉豆腐とはいったい?



伊那谷 / khf_fjs


粉豆腐の発祥の地は、長野県の南部にある飯田下伊那地域です。


天竜川に沿って南北に細長く伸びる伊那盆地では古くから食べられているポピュラーな食べ物です。


飯田下伊那地域ではスーパーに粉豆腐が高野豆腐と共にずらりと陳列されており、地元住民から愛されている食材だと一目見て分かります。


一見おからに見えるのですが、粉豆腐とおからに含有されている栄養成分は全く違うため、得られる効果や効能も変化します。



粉豆腐の主な成分はタンパク質50%と脂肪分30%となっており優れた栄養価値を含んだ食品となっています。


しかし、おからに含まれている食物繊維は粉豆腐には一切含まれておりません。


豆腐の主な成分は90%以上の水分から出来ており、タンパク質は5%ほどしか含まれていません。


粉豆腐と比べると天と地の差があります。いかに粉豆腐が優れた食品なのかが窺えます。



スポンサードリンク


粉豆腐の誕生秘話



粉豆腐が誕生するきっかけになったのには日本のある制度が関係しています。


その制度とは「JIS規格」と呼ばれる日本工業規格です。


JIS規格とは工業標準化法によって制定された鉱工業品の規格のことですが、このJAS規格が高野豆腐にも適用されたため、製造工程で高野豆腐に亀裂や欠けなどの破損が生じた場合、味に問題が無くとも破棄せざる得なくなってしまったのです。



しかし、品質も味も問題ない高野豆腐を廃棄するのはもったいないということで誕生したのが粉豆腐です。


粉豆腐は32年前に誕生した比較的新しい豆腐製品だったのです。


粉豆腐の販売範囲ですが、長野県の飯田下伊那地域を中心とした範囲でしか販売されておらず、東京都などの都心への出荷はしていないそうです。


粉豆腐が大量に生産されているということは高野豆腐の失敗作が多いということになってしまうからです。


ですが、現在では粉豆腐よりもさらに粒子が細かい粉末タイプの高野豆腐も開発されています。



入手困難な粉豆腐を自宅で簡単に作る方法



DSCF7065 / yoppy


粉豆腐は大手通信販売会社のAmazonなどで購入することは出来ません。


唯一粉豆腐を購入出来る会社は粉豆腐を製造・販売している旭松食品の公式通信販売サイトのみです。


ですが、今すぐ食べたい!という方には高野豆腐をスーパーやデパートで購入してお手製の粉豆腐を作ってみてはいかがでしょうか。作り方は至って簡単です。



材料は高野豆腐のみ。作り方はフードプロセッサーやおろし金で高野豆腐を粉状にするだけです。



粉豆腐の効果・効能



粉豆腐の原材料である高野豆腐は真冬に木綿豆腐を小型にカットして屋外で凍らせ、乾燥させたものです。


高野豆腐には優れた栄養素が凝縮されるため、健康を維持させることも出来る優れた保存食となっています。


その高野豆腐を粉砕しているため高野豆腐の栄養素をまるごと体内に取り込むことが可能です。


高野豆腐にはコレステロールを降下させる作用やカルシウムの溶解を抑制させて骨密度を強化させる働きがあります。


また、低カロリーですので、ダイエット食品として女性から高い支持を集めています。


粉豆腐には良質なたんぱく質が凝縮されているため、ダイエットによって体力が落ちるなどといったデメリットも発生せず健康的にダイエットを行うことが出来ます。



粉豆腐でダイエットを行う場合、ビタミンB2を豊富に含む食材と共に摂取するとより効果的です。


粉豆腐は優れた栄養素を含む食材ですが、ビタミンCやカロテンなどといった栄養素が含まれていないため、カボチャや人参、ほうれん草などの緑黄色野菜と共に摂取することをオススメします。



また、高野豆腐に含まれるカルシウムや鉄分の吸収を促すためビタミンDと共に摂取するとより効果的です。


これから豆腐が美味しく感じられる時期になります。是非、粉豆腐を食べて美しく健康的な肉体を手に入れましょう。




スポンサードリンク

    関連記事

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    スポンサードリンク

    人気ブログランキング参加中

    おすすめカテゴリー記事

    リンク