アボカドの栄養増殖のために加熱!?

  • アボカドの栄養増殖のために加熱!? はコメントを受け付けていません。
スポンサードリンク


アボカドの栄養増殖のために加熱!?

サラダやディップ、お刺身など“生”で食べることの多い「アボカド」。


アボカドは、別名「森のバター」と呼ばれており、なんと脂肪分が果肉のおよそ20%を占めています。さらに、ビタミン11種類、ミネラル14種類、食物繊維など、さまざまな栄養素をたっぷりと含んでいることから、ギネス記録にも認定されるほど栄養価の高いフルーツとして、いまでは世界中の人々から注目を集めています。


アボカドに含まれている豊富な栄養素を逃さず、丸ごと摂取するためには、『“生”で食べると良い』と言われていますが、近ごろは、『アボカドを“加熱”して食べると、栄養が増える』というウワサが広まっており、アボカドを加熱して食べるのがブームとなりつつあります。


そこで、今回はアボカドに含まれる栄養素は、本当に“加熱”することで増殖させることができるのかをご説明します。



アボカドにある栄養




アボカド100g (可食部)あたりの栄養成分





ギネス記録にも認定されるほど、非常に栄養価の高いアボカドは、別名「森のバター」とも呼ばれており、非常に多くの脂肪分を含んでいます。果肉に含まれる脂肪分は、なんと全体の20%も占めているため、一見、健康や美容に悪そうなイメージをもたれる方も多いと思います。


ところが、アボカドに含まれている主な脂肪分は、不飽和脂肪酸の1種である「オレイン酸」であるため、生活習慣病の原因となるコレステロールや中性脂肪の数値を下げる効能があります。


また、別名「若返りビタミン」と呼ばれているビタミンEをはじめ、ビタミンB群とC、各種ミネラルも豊富に含まれていますので、健康と美容をサポートする効果を期待することができます。



スポンサードリンク


アボカドの加熱と栄養の関係




通常、アボカドは“生”で食べた方が、栄養成分の逃さず摂取することができると言われています。その理由は、アボカドに含まれている一部の栄養素が、熱に弱い性質を持っており、加熱することで栄養素が失われてしまうからです。


しかし、アボカドに含まれている全ての栄養成分が加熱によって失われてしまうわけではありません。


加熱によって失われてしまう栄養素は「ビタミンB群」と「ビタミンC」などの栄養素ですので、これら2つの栄養素を、別の食品から摂取することができれば、気にする必要は全くありません。


また、他の栄養成分に至っては、加熱しても栄養価の増減はみられませんので、ご安心ください。



まとめ


今回は、アボカドに含まれる栄養素は、本当に“加熱”することで増殖させることができるのかについてご説明させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。残念ながら、アボカドは加熱してしまうと、熱に弱い一部の栄養成分は失われてしまい、そのほかの栄養素に至っては、ほぼ増減がみられないことが判明しました。


ですが、アボカドを加熱したことで失われてしまった栄養素は、ほかの食品から摂取することで、補うことができますので、絶対に加熱調理してはいけないということではないようです。


失われてしまった栄養素を補うためにも、これからアボカドを加熱調理する際は、ビタミンB群やビタミンCなど、熱に弱い栄養素をたっぷり含んだ食品と一緒に食べることをオススメします。


スポンサードリンク

  • 2018 08.27
  • アボカドの栄養増殖のために加熱!? はコメントを受け付けていません。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事