夏バテの対策に効果のある飲み物のご紹介♪

スポンサードリンク


夏バテの対策に効果のある飲み物のご紹介♪ようやく梅雨の長雨から解放され、澄み切った青い空とギラギラ輝く眩しい太陽が顔を出し、爽やかな夏がやってきました!

夏といえば、海水浴にプール、キャンプにバーベキュー、花火にお祭りと各地で様々なイベントが開催されます。ですが、折角の楽しい夏を夏バテで台無しにしてしまうのはもったいないですよね。

そこで、今回は夏バテ対策にオススメのドリンクをご紹介してゆきたいと思います♪

2015年夏バテ対策として女性から大人気の「ココナッツウォーター」



2014年はKIRINの世界のKitchenから「ソルティライチ」が夏バテ対策飲料として人気がありました。


ソルティライチには、なんと100mlあたり44mgのナトリウムが含まれており、発汗によって失われる水分や塩分を補給するための飲料として熱中症対策などに用いられてきました。


しかし、今年は美容マニアと呼ばれるマドンナや世界一セクシーな歌姫リアーナなど名高る海外セレブたちが愛飲している「ココナッツウォーター」が夏バテ予防に効果があるとして女性たちの間で話題となっています。


ココナッツウォーターとは、ココナッツに含有されている透明な水分のことを指しており、ココナッツの果肉を絞って製造されるココナッツミルクとは異なります。


ココナッツウォーターは「天然のスポーツドリンク」という異名を持っており、豊富なミネラルと電解質を含んでおり、栄養満点です。


さらに、ポカリスエットやアクエリアスと同じく人間の身体とほぼ同じ浸透圧となっているため、古くから暑い夏に船乗りたちが海上で脱水症状を引き起こした際にココナッツウォーターを生理食塩水の代用品として静脈点滴として用いられていたそうです。


さらにココナッツウォーターには代謝促進作用や高いデトックス効果など優れた美容効果があるにも関わらず、脂質が0という夢のようなドリンクなのです。


しかし、ココナッツウォーターは独特の香りや味わいを持つ飲料ですので、好き嫌いがはっきり分かれます。ですが、夏バテを予防し、カロリーもオフ、さらには優れた美容効果を持つため、この夏オススメの飲料と言えます。


オススメのココナッツウォーターはアメリカのココナッツウォーターシェア率6割を占める「Vita Coco」や森永乳業から販売されている「tropicoco」がオススメです。


Vita Coco


tropicoco



ココナッツウォーターを購入する際は、無添加かどうかなどを調べてから購入することもオススメします。また、ココナッツウォーターには身体を冷やす効果があるので、冷え性の方は飲み過ぎないようにご注意ください。



日本の夏に欠かせない「甘酒」



日本にも夏バテ予防に効果のある飲料があります。それは「甘酒」です。


甘酒と聞くと、お正月や桃の節句を思い浮かべる方も多いかと思いますが、実は甘酒は麦茶と同じく夏の飲み物だったのです。


現在のようにポカリスエットやアクエリアスなどのスポーツドリンクが無い時代、夏場の栄養補給飲料として甘酒が用いられてきました。


甘酒は「総合健康ドリンク」という異名を持っており、ブドウ糖や必須アミノ酸がたっぷり含有されており、他にも夏バテ防止に効果のあるビタミンB群や炭水化物や脂質の代謝に必要なパントテン酸をはじめ、イノシトールやビオチンなどといった様々な栄養成分が豊富に含まれています。



これらは私たち人間が生きていく上で必要不可欠な栄養成分であるため、このような異名が付けられたと言われています。


甘酒には、米麹を発酵させて製造する方法と溶かした酒粕に砂糖を加えて製造する方法の2パターンあります。


酒粕から製造される甘酒は生産のしやすさから最も流通量が多く、飲みやすいように大量の砂糖が使用されているので、ダイエット中の方の飲用は注意が必要です。


また、酒粕から作られた甘酒にはアルコール分が含まれているのでアルコールが苦手な方や幼いお子様への飲用は避けた方が良いでしょう。


米麹を発酵させて製造させる甘酒はお米を麹菌で発酵させて製造されているため、砂糖を使用せずとも素材本来の甘みや旨味が引き出され、さらにアルコール分を一切含まない優しい味となっています。



甘酒に関して1点注意点があります。


2つの製法で製造された甘酒はそれぞれ含まれる栄養素や効果・効能が異なります。


夏バテ防止や美容効果を得たい方は「米麹から製造された発酵食品の甘酒」を購入するようにしてください。


米麹から作られた甘酒にはなんとブドウ糖が20%以上含有されており、麹菌の繁殖によってビタミンB1・B2、ビタミンB6といったビタミンB群など100種を超える酵素が誕生し、消化吸収をサポートしてくれます。


また、米麹から作られた甘酒は病院で使用する天敵とほぼ同じ成分が含有されているので、弱った身体に良く聞きます。


さらに、米麹から作られた甘酒は納豆や味噌などと同じ発酵食品ですので、腸内環境を整える作用を有しています。そのため、便秘に苦しんでいる方や腸の調子が思わしくない方にもオススメです。


そして、麹菌が発酵する途中で生成されるコウジ酸には優れた美容効果があり、美肌や美白効果が得られます。そのため、別名「飲む美容液」と呼ばれ、美容マニアの女性たちから愛飲されています。


甘酒は自宅でも簡単に作ることができるうえ、アレンジ方法もたくさん存在します。是非、夏バテ気味だなと感じたら、甘酒を飲用してみてはいかがでしょうか。



スポンサードリンク


夏バテといえばこれ!日本の夏には欠かせない「経口補水液」



ココナッツウォーターや甘酒も夏バテ防止に効果があるのですが、「経口補水液」には叶いません。


経口補水液は病院でも使用されている点滴と全く同じ成分で出来ているため、夏バテだけではなく、熱中症対策にも効果的です。


また、二日酔いや下痢、嘔吐など体内の水分が大量に失われた際の水分補給飲料としてもたいへん重宝しますので、1家に1本はあると非常に便利です。


経口補水液は健康な方が飲用すると物凄く不味いのですが、脱水症状を引き起こしそうなときや既に夏バテの症状が現れている方、熱中症になってしまった方が飲用すると美味しく感じられると言います。


経口補水液はドラッグストアなどで販売されていますが、材料さえ揃っていればご自宅でも簡単に作れてしまいます。


作り方



材料は砂糖と塩、そして水だけです。


水1リットルに塩3gと砂糖40gを投入し、しっかり混ぜ合わせたら完成です!



お好みでレモンの搾り汁やグレープフルーツの果汁を加えると幾分か飲みやすくなります。


もっと美味しい経口補水液を飲みたいという方は、100%のリンゴジュースを720ml用意します。


リンゴジュースが苦手な方は、100%のみかんジュース400mlもしくはグレープフルーツジュース450ml用意します。


用意した100%果汁ジュースへ塩3gと1リットルの水を加え、しっかり混ぜ合わせたら完成です。子供でも美味しく飲用出来るので、こちらの方が、人気がありますが飲み過ぎないようにご注意ください。


経口補水液は1日に500mlから1リットル摂取するのが推奨されています。また、1度に多量摂取するのではなく、点滴のようにゆっくりとチビチビ飲用する方が効果的です。



まとめ



これから暑い夏がやってきます。


夏バテを引き起こす前にココナッツウォーターや甘酒、経口補水液などを摂取し、事前に対策を行っておくことで、健康的に暑い夏を満喫することが出来ます。


是非、今年の夏は夏バテを引き起こさないよう楽しい夏をお過ごしください。



スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事