今すぐ実践したい!バーベキュー野菜の焼き方

スポンサードリンク


今すぐ実践したい!バーベキュー野菜の焼き方「バーベキューなんて肉焼くだけだから簡単じゃん」なんて思ってませんか?

でもシンプルな調理方だからこそ、工夫次第で何倍も美味しくなります。

まずは網の端の方でいつも炭になっている野菜の調理法から考えてみましょう。

野菜の調理法を工夫しよう



Looks good. Sunday brunch BBQ in our backyard. / Kei!


1.キャベツ


生で塩をふっても美味しいが、焼きキャベツも美味です。


一人前サイズに切ってアンチョビーソース塗っていくと、キャベツの間に塗込んで焼くと美味しいです。


2.ピーマン


豪快に丸ごと焼いて種ごと食す。醤油を付けるだけで、種もジューシーで甘くて美味しい。


また、半分に割って味噌に酒、みりん、砂糖、山椒粉、をまぜた山椒味噌を塗っても美味しいです。


3.しいたけ


しいたけは肉厚なものを選びましょう。石突きをとったら逆さにしてかさの中に塩をふって焼きます。


塩が溶けて、トングでつかんで柔らかくなったら食べごろ、バターと醤油を入れても美味しいです。


4.玉ねぎ



Baked onion rounds / Anncookbook


皮を剥いて十字に切り込みを入れ、中にオリーブ油と塩をたらして、アルミホイルで包んで丸ごと蒸し焼きにすると美味しいです。


串切りにする場合は、半分に割って爪楊枝を刺してから、横に切っていくとばらけなくて良いです。


5.なす


火力の安定しない野外では焼きなすは難しいですから、アルミホイルで包んで焼くことをオススメします。


ホイルの中に少し水を入れてやると火が通りやすいです。


スポンサードリンク


6.かぼちゃ



Recipe for Pumpkin Stuffed with Everything Good / lakelou


これも火が通りにくいのでアルミホイルに包むのが良いです。


種をくり貫いて、中にインスタントかぼちゃスープを入れて、丸ごとホイルに包んで焼く、かぼちゃの丸焼きはいかがでしょうか?


7.ニンジン

 
一口大に切ってオリーブ油、塩、コショウを塗ってから、アルミホイルで包んで焼きます。


8.タケノコ


生ならアク抜きしてから、皮付きのまま炭火の中に放り込む、水煮なら一口大に切って、ホイルで包んで焼きます。


9.にんにく


臭いを気にしないならオススメ、皮ごと網の上に、焼けたら塩をふって、百合根みたいにホクホクして美味しいです。

  

まとめ



バーベキューをやってて残念なのが、この野菜に人気がないことです。


炭になってたり、ひからびてたりで、美味しくない事が原因なんですね。



そこですべての野菜を一口大に切り、アルミのお皿の中に入れてオリーブ油とニンニク、塩、鷹の爪をいれて野菜のアヒージョにすると炭になる事もなく美味しくいただけます。



お皿は火の通りが良いグループと悪いグループの2つに分けた方が良いでしょう。


いずれにしても食べごろを見極めれば、野菜だって美味しくいただけますね。



※「バーベキュー特集ページ」を設置しました。バーベキュー関連の記事をまとめてありますのでご覧下さい↓
BBQ-2



スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事