海苔を食べ過ぎると太るって本当!?便秘や下痢にも注意!

スポンサードリンク


海苔を食べ過ぎると太るって本当!?便秘や下痢にも注意!

毎年2月6日は「海苔の日」ですが、皆さんは1日にどのくらい海苔を食べていらっしゃいますか。


1日3食必ず食べているという方もいれば、朝食だけ食べているという方、なかには、1年に数回食べる程度という方もいらっしゃるでしょう。


海苔は日本の歴史を語るうえで欠かせない存在であり、670年ごろに記された風土記には「常陸の国、ノリ浜で紫菜(むらさきのり)を干していた」という記述があり、当時から海苔作りが積極的に行われていたことがうかがえます。


また、702年に施行された大宝律令には、朝廷への調として29種類の海産物のひとつに海苔が含まれており、さらに、伊勢神宮で執り行われている神嘗祭(かんなめさい)の御供え物として海苔が用いられるなど、日本人にとって海苔はとても大切な存在だったことが分かります。



ところで、海苔といえば、近年女性のあいだで話題となっている海苔ダイエットがあるのですが、実はこのダイエット方法にはある落とし穴が存在することをご存知ですか。


その落とし穴というのが、海苔の食べ過ぎによる体重増加や便秘及び下痢、甲状腺に関する病気を発症する危険性があるのです。


そこで、今回は海苔の食べ過ぎで太る原因と便秘や下痢、甲状腺に関する病気の発症についてご説明したいと思います。



海苔の食べ過ぎで太る原因とは?



海苔 / ame0399


女性のあいだでブームとなっている「海苔ダイエット」は、1日に海苔を6枚、食事の30分前に食べるというダイエット法であり、実際に女性お笑いコンビ「クワバタオハラ」のお2人も挑戦しており、10日で-2kgの減量に成功しています。


しかし、海苔ダイエットを行うことで、1日の海苔摂取量を大幅に超えてしまい、身体のあちらこちらに副作用が現れる可能性があります。


その副作用のひとつが「肥満」です。


ダイエットに用いる海苔は基本的にどのような種類でも問題無いのですが、焼海苔の場合、1枚およそ6kcalと低く、さらに、ダイエット中に不足しがちな良質なたんぱく質やビタミン・ミネラル、水溶性の食物繊維などが豊富に含まれておりますので、健康と美容を維持した状態でダイエットを行うことができます。



ですが、ダイエットに用いる海苔の種類によって、ごはんが進んでしまうため、海苔ダイエットを行う際の海苔選びはとても重要なものとなります。特に韓国のりや味付け海苔は、ごはんを進ませる原因となりますので、気を付けましょう。


ですが、味の付いていない海苔の場合、口がカパカパになってしまうため、ごはんだけではなく、おかずも食べたくなってしまいます。その結果、1日の摂取カロリーがダイエット前よりも増えてしまい、太ってしまうのです。


海苔を用いたダイエットを行う場合、6Pチーズに少量の海苔を挟んで食べると腹持ちが良くなり、食べ過ぎを防ぐことが出来ますので、海苔の食べ過ぎによる肥満を防ぐことができます。



スポンサードリンク


海苔の食べ過ぎによる便秘や下痢、甲状腺の病気について



海苔 / Richard, enjoy my life!


海苔を食べ過ぎると、便秘や下痢、甲状腺の病気になる可能性があると言われています。海苔のおよそ1/3は水溶性の食物繊維であり、その含有量はほうれん草の2倍と言われています。


海苔の食物繊維は、野菜などに含まれているものよりも柔らかく、腸内環境を正常な状態にただし、便秘や下痢を改善する働きがあるのですが、海苔を食べ過ぎてしまうと、1日に必要な食物繊維の量を大幅に超えてしまうため、下痢を引き起こしてしまいます。


「便秘気味だからこれくらいが丁度良い」と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、過度に摂取された食物繊維は、胃や腸にへばりつき、便秘を誘発する恐れがありますので、便秘を悪化させる可能性があります。


また、海苔をはじめ、昆布やわかめなどの海藻類には「ヨウ素 (ヨード)」というミネラル成分が含有されており、ヨウ素を大量に摂取してしまうと甲状腺の病気になる可能性があるのです。


厚生労働省より告示されている「日本人の食事摂取基準(2015年版)」には、18歳以上の日本人が1日に必要なヨウ素の摂取推奨量は0.13mgであり、上限量は3.0mgとされています。海苔100gに含有されているヨウ素はおよそ2.1mgですので、1枚3gの海苔に含まれるヨウ素の量は、0.06mgとなります。



海苔に含まれるヨウ素で1日のヨウ素摂取上限量に達するには、50枚ほど食べる必要があります。さすがに、1日に50枚も海苔を食べる方はいらっしゃらないかと思いますので、ヨウ素の過剰摂取に関しては深く考える必要はないかもしれませんね。


ですが、海苔意外に昆布やわかめなどの海藻類や加工品などを使用される際は、1日のヨウ素摂取推奨量の上限を越えないように注意しましょう。



まとめ


今回は海苔の食べ過ぎで太る原因と便秘や下痢、甲状腺に関する病気の発症についてご説明させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。日本人は古くから海苔を食べているため、腸内に海苔を分解できるバクテリアが存在するのですが、海苔を食べる習慣の無い海外の方々は海苔を消化することができません。


しかし、海苔を加熱することで細胞壁が破壊されますので、消化吸収が良くなり、海外の方でも安心して召し上がることができるようになります。


近年のヘルシー志向によって全世界から注目を集めている海苔ですが、海苔は1日に2枚ほど摂取することで現代人に不足しがちな栄養素をある程度補うことが可能ですので、食べ過ぎないよう、1日の摂取量を守るように心掛けましょう。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中

おすすめカテゴリー記事