生たけのこの保存方法で変わる!? 日持ちさせるには

  • 生たけのこの保存方法で変わる!? 日持ちさせるには はコメントを受け付けていません。
スポンサードリンク


生たけのこの保存方法で変わる!? 日持ちさせるには

たけのこってシャキシャキしておいしいですよね! 私もこのシャキシャキ感が好きでたけのこを使った料理を良く食べます。


そんなたけのこですから食べるなら出来るだけ美味しく食べたいですよね。せっかくのたけのこが間違った保存方法によってあっという間に鮮度が落ちてしまったら最悪です。


では、どのような保存方法が良いのでしょうか? これからその方法についてご紹介していきたいと思います。



保存方法と日持ちの関係




実はたけのこは購入してからそのままの状態にしておくとすぐに鮮度が落ちてしまいます。購入してから一手間加えることが必要なんです。


鮮度が落ちることによって硬くなり苦味が出てきてしまいます。私もこのことを知らなかったためせっかくのたけのこ料理を台無しにしてしまったことがあります(笑)


では、どうすれば鮮度を落とさないように出来るでしょうか? これからその方法についていくつかご紹介していきます。


①冷蔵保存


まずは冷蔵保存についてです。しかし、たけのこをそのまま冷蔵庫に突っ込んでしまったらダメです。


たけのこを冷蔵保存するときはまず茹でてから皮を剥きます。茹でた後はタッパーなどに入れて、水に浸けたまま冷蔵庫で保存しましょう。


そしてその水は毎日交換しましょう。面倒くさいですがこれを怠ると長持ちしません。この方法を行うことによって4日程度鮮度を保つことが出来ます。


冷蔵保存で4日程度保存出来ることは理解していただけたかと思いますが、4日間だけではなくもっと長い間保存したいと考える方もいるでしょう。そんな方はこれからご紹介する方法をお試しください。


②干したけのこ


まずたけのこをアク抜きして薄くスライスしていきます。その後、スライスしたものを並べてカラカラになるまで天日干しをします。


このときスライスしたものが重ならないように注意してください。重なってしまうとうまく乾かないことがあります。2~3日もすれば完全に乾きます。


そして、タッパーなどに乾燥材と共に入れて冷凍庫に入れましょう。この方法ならなんと1年程おいしい状態で保存出来ます。


調理する時は乾いたままだとおいしくないので水に1時間程度浸けて水洗いしましょう。そして、鍋に移して茹でます。茹で終わったらあとはお好みのたけのこ料理を作りましょう。



スポンサードリンク


たけのこ料理




たけのこの保存方法についてはご理解いただけたかと思いますが、どのようなたけのこ料理が美味しいか知りたくありませんか?


たけのこの旨味を存分に堪能できる『たけのこご飯』、その調理方法についてご紹介致します。


まずご飯用の調味料です。

材料

・白米…2.5合
・和風だしの素…小さじ1杯
・清酒…大さじ1杯
・薄口醤油…大さじ1杯
・濃口醤油…小さじ1杯
・自然塩…小さじ1/4程度
・だし昆布…3~5cm程度に切ったもの

次に具の下煮です。

・茹でたたけのこ…150~200g
・油揚げ…1.5枚
・水…大さじ2杯
・醤油…大さじ1杯
・清酒…大さじ1杯
・みりん…大さじ1杯

清酒とは日本酒の一種です。アルコール度数が22度未満の日本酒が清酒と呼ばれます。清酒で調理すると料理酒を使うよりコストがかかりますが、塩やお酢などで調味されていないので素材の味を殺さず素材本来の味を堪能できます。

そして自然塩は加工や添加がされている精製塩ではありません。例えば天日塩や岩塩などが自然塩に当てはまります。自然塩は精製塩と違い栄養分が豊富です。

さて、素材が揃ったら次は調理方法です。

作り方
①米を研ぎ水切りしたら炊飯器に入れて水を貼ります。その後大さじ2.5杯の水を抜いてだし昆布を入れます。

②たけのこは薄くスライスし、油揚げを油抜きして微塵切りにします。

③鍋にあらかじめ用意した下煮の調味料とたけのこを入れ、汁気が少なくなるまで煮ます。その後、油揚げを入れ、煮汁がなくなるまで煮ます。

④炊飯器にご飯用の調味料を入れ、③で用意した具を散らします。

⑤炊き込みモードで炊飯し、炊きあがったら昆布を取り出しご飯をかき混ぜます。


これで完成です。たけのこの味を思う存分堪能できるたけのこご飯を是非ご賞味ください。



まとめ


たけのこの保存方法にお悩みの方は今回ご紹介したことを参考にしていただければと思います。


また、今回紹介した方法で保存したたけのこをたけのこご飯にして鮮度の高い美味しいご飯を楽しんでください。


スポンサードリンク

  • 2018 01.12
  • 生たけのこの保存方法で変わる!? 日持ちさせるには はコメントを受け付けていません。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事