1. スイカはシャクシャク&シャリシャリとした軽やかな食感とジューシーな果汁が口の中いっぱいに広がる夏の渇ききった身体には堪らない果実的野菜です。 スイカの原産国であるアフリカでは、紀元前5000年頃には既に栽培が行われていたという記録…

    • 7月27日はスイカの日!この日に制定された由来とワケとは!? はコメントを受け付けていません。
  2. 秋頃になると話題になる新米とは、水分をたっぷり含んでおり、モチモチ&ふっくらとした今年収穫されたばかりのお米のことで、毎年8月上旬から10月中旬にかけて市場に出回ります。この頃になると、新米目当てのお客さんたちがドッとお米屋さんへ押し寄せる…

    • 8月18日は「米の日」!日本人ならば知っておきたい制定理由とは? はコメントを受け付けていません。
  3. 受験生の夜食やお酒を飲んだあとに小腹がすいたときなど様々なシーンで活躍しているインスタントラーメンは、一家に1食は必ず置いてある食品のひとつではないでしょうか。 インスタントラーメンといえば、サッポロ一番やマルちゃんなどが有名です…

    • 「即席ラーメン記念日」とは?元祖インスタントラーメンこと“チキンラーメン”の歴史と由来 はコメントを受け付けていません。
  4. うだるような暑い日はキンキンに冷えた香ばしい香りの麦茶が飲みたくなりませんか?麦茶は緑茶と同じく古くから日本人の渇きを癒してきた飲み物です。 そして、麦茶にはアルキルピラジンと呼ばれる血液をサラサラにする働きを持つ成分や血圧を降下…

    • 麦茶ポット選定方法 “洗いやすさ”と“耐熱性”を兼ね揃えたオススメはこちら はコメントを受け付けていません。
  5. 5月から7月にかけて日本列島は沖縄・九州地方から順に梅雨入りとなります。 梅雨を迎える前に洗面台やお風呂場、キッチンなどの掃除をする方も多いのではないでしょうか。特に排水溝は詰まり・ぬめり・臭いなどが発生しやすく、カビ掃除よりも面…

    • 排水溝のニオイの原因と対策!嫌な臭いを取ることができる掃除方法&テクニックとは? はコメントを受け付けていません。
  6. バーベキューと言えば、夏のイメージが強いですが、実は四季を問わず行えるアウトドアとして今最も注目を集めているイベントの1つとなっています。 特に3月から4月にかけて見頃を迎える桜を眺めながらのバーベキューやゴールデンウィークに野山…

  7. 今ではコンビニやスーパーなどで普通に販売されている牛乳ですが、昔は薬として用いられていたため、現代のように気軽に購入できる飲み物ではありませんでした。 日本で牛乳が庶民の間で飲まれるようになったのは、1869年頃からだそうです。 …

    • 牛乳の販売にペットボトルが使われない理由とは!? はコメントを受け付けていません。
  8. よく海外旅行へ行った際、渡航先で水を飲んだら下痢になったという方も多いのではないでしょうか。その原因の多くが「硬水」だと言われています。 水は大きく「軟水」と「硬水」の2つに分けられており、水に含まれているカルシウム及びマグネシウ…

    • 軟水と硬水ってどう違うの?味や健康維持にオススメなのはどっち!? はコメントを受け付けていません。
  9. 人間生きるためには必ず食事をしなければなりません。 ですが、調理の際に必ず出る肉や魚、野菜などのくずや食べ残しなど水分を含んだ生ごみは、見るのも嫌ですが、気温の高くなる5月から9月にかけては悪臭を放ち、ハエのたまり場となるため、ど…

    • 生ゴミのニオイ対策と臭いを消すための方法とは? はコメントを受け付けていません。
  10. 厚生労働省より毎年8月を「食品衛生月間」に定めていることをご存知ですか。日本では、毎年梅雨入りとなる6月から残暑の厳しい9月にかけて細菌類による食中毒被害が多発しています。 日本の夏は高温多湿のため、ムシムシ・ジメジメとしています…

    • 食中毒予防の三原則とは?家庭でできる食中毒対策法! はコメントを受け付けていません。
  11. 回鍋肉や棒棒鶏、酢豚に小龍包、八宝菜に焼売など様々な中華料理がありますが、日本で最も食べられている中華料理といえば、餃子・麻婆豆腐・炒飯の3品です。 特に炒飯は、ごはんと卵、そして冷蔵庫内に残っている食材さえあれば、パパッと作れて…

    • 炒飯をパラパラに作る方法と卵の使い方! はコメントを受け付けていません。
  12. イカ納豆やピリ辛煮、イカ飯にするめ、イカリングに塩辛、刺身などイカを使った料理はたくさんありますが、衣を付けてサクッと揚げた「イカ天」ことイカの天ぷらは、揚げたてのサクサク感を1度味わってしまうと、2度とスーパーなどで販売されている出来合い…

  13. 近年の健康ブームによって、世界各国で減塩に関する動きが広まりつつあります。 確かに塩分を摂り過ぎると、生活習慣病の発症リスクは高まりますが、人間は塩分が不足してしまうとナトリウム欠乏症を引き起こし、神経および筋肉に関する機能障害を…

    • 天然塩の種類と成分とは?精製塩と何が違うの? はコメントを受け付けていません。
RETURN TOP

スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事