カテゴリー:野菜

  1. 1年を通してスーパーやデパートの青果売り場に陳列している大根には、普段私たちが口にしている青首大根をはじめ、蕪のような見た目をした聖護院大根(丸大根)や青々とした青大根(ビタミン大根)、人参のようなミラノ大根など様々な品種が存在します。 …

  2. 実年齢よりも10歳から20歳若く見られる美魔女と呼ばれる美しい女性が年々増えています。 彼女たちはスキンケアだけではなく、生活習慣や適度な運動、そしてバランスの良い食事を行っており、さらにストレスを発散させることが出来ているため、いつ…

  3. ロールキャベツといえば、洋食店の人気者としてハンバーグやオムライスと並ぶ人気の料理です。 ロールキャベツが日本で食べられるようになったのは1895年に版行された「女艦」に「ロールキャベーヂ」という料理名で紹介されてから人気が出たと言わ…

  4. 世界三大きのことして有名な「椎茸」は秋の味覚として古くから日本人に愛されてきた食材です。 日本では9世紀頃には中国から干し椎茸の作り方が伝わっていたのですが、日本の干し椎茸は品質・味・香りの全てが優れていたため、中国へ大量に輸出してい…

  5. 9月から11月にかけて収穫される秋の味覚「さつまいも」ですが、実は年に2度旬を迎える珍しい食材の1つです。 9月から11月に収穫され、市場に出回る瑞々しいさつまいもはホクホクした食感を持つ「新もの」と呼ばれ、収穫後およそ2か月間大切に…

  6. 中国から伝った野菜の1つである「チンゲン菜(青梗菜)」はスプーンのような大きな葉が幾重にも重なった葉野菜です。 淡い緑色をした茎は肉厚で広く、存在感のある葉は青々とした緑色をしており、柔らかな曲線を描いた可愛らしい形状をしています。 …

  7. 秋の味覚として有名なカボチャは美容と健康に優れた効果や効能を持つ栄養満点な食材ですが、私たちが普段口にするカボチャ料理に使用される部分は果肉の部分だけなので内部のワタや種子は捨ててしまいがちです。 しかし、カボチャの原産国であるアメリ…

  8. 柔らかくほぐれ崩れる食感ともっちり感が堪らない秋の味覚「里芋」は、8月から12月頃に旬を迎えます。 里芋が日本に伝わったのは縄文時代頃と言われており、稲作が行われるより前から栽培されていたと言われています。 里芋という名前の由来…

  9. 梅雨の時期が終わり、ギラギラ輝く太陽が眩しい夏がやってきました! 日本の夏といえば、酸味が食欲をそそる冷やし中華やスタミナ食と言われるうなぎ、スパイシーなカレーライスなどが定番ですが、沖縄県の郷土料理であるゴーヤチャンプルーも日本の夏…

  10. 冬瓜は7月から9月にかけて旬を迎える夏野菜の1つです。 名称に「冬」という季語が含まれていますが、これは熟れると果皮が固くなり、冬まで保存が利くからだと言われています。 しかし、冬瓜は夏野菜の1つですので、冬まで持ち越すのは大変…

  11. 夏野菜の茄子をみりんや醤油などで味付けしただし汁を鍋に注ぎ、煮たものを「なすびの煮浸し」と言います。 よくおひたしや含め煮などに間違われるのですが、食材を茹でた後、器に盛り付け、その上からだし汁をかけて召し上がるのが「おひたし」、だし…

  12. 夏野菜の代表「トマト」は6月から8月にかけて最盛期を迎える食材です。 しかし、トマトは日本の高温多湿の気候では育つのは難しく、この時期に収穫されるトマトが美味しいのかと言われると正直何とも言えません。 現在日本で育ったトマトが最…

  13. スナックエンドウまたの名をスナップエンドウは、1970年頃にアメリカからやってきた緑色の可愛らしい野菜です。 日本にやってきた当時はスナップエンドウの名で親しまれていたのですが、日本国内でもスナップエンドウをスナックエンドウという商品…

RETURN TOP

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中

おすすめカテゴリー記事

リンク