カテゴリー:野菜

  1. 柔らかくほぐれ崩れる食感ともっちり感が堪らない秋の味覚「里芋」は、8月から12月頃に旬を迎えます。 里芋が日本に伝わったのは縄文時代頃と言われており、稲作が行われるより前から栽培されていたと言われています。 里芋という名前の由来…

  2. 梅雨の時期が終わり、ギラギラ輝く太陽が眩しい夏がやってきました! 日本の夏といえば、酸味が食欲をそそる冷やし中華やスタミナ食と言われるうなぎ、スパイシーなカレーライスなどが定番ですが、沖縄県の郷土料理であるゴーヤチャンプルーも日本の夏…

  3. 冬瓜は7月から9月にかけて旬を迎える夏野菜の1つです。 名称に「冬」という季語が含まれていますが、これは熟れると果皮が固くなり、冬まで保存が利くからだと言われています。 しかし、冬瓜は夏野菜の1つですので、冬まで持ち越すのは大変…

  4. 夏野菜の茄子をみりんや醤油などで味付けしただし汁を鍋に注ぎ、煮たものを「なすびの煮浸し」と言います。 よくおひたしや含め煮などに間違われるのですが、食材を茹でた後、器に盛り付け、その上からだし汁をかけて召し上がるのが「おひたし」、だし…

  5. 夏野菜の代表「トマト」は6月から8月にかけて最盛期を迎える食材です。 しかし、トマトは日本の高温多湿の気候では育つのは難しく、この時期に収穫されるトマトが美味しいのかと言われると正直何とも言えません。 現在日本で育ったトマトが最…

  6. スナックエンドウまたの名をスナップエンドウは、1970年頃にアメリカからやってきた緑色の可愛らしい野菜です。 日本にやってきた当時はスナップエンドウの名で親しまれていたのですが、日本国内でもスナップエンドウをスナックエンドウという商品…

  7. 夏になると自宅で梅酒や梅干しを作り始める方々もいらっしゃるのではないでしょうか。 梅干しは古くから日本人に愛されている食材の1つであり、疲労回復や血液の流れをスムーズにさせる効果などがあります。 梅干しのカロリーは100gあたり…

  8. 「ジャックと豆の木」や「そら豆の黒い筋」などに登場するそら豆は、私たち人間にとって大切な栄養素をたっぷり含んでいる優れた食材の1つです。 そら豆は年末頃に鹿児島県産のそら豆が市場に出回り始めるため冬の食材と思われがちですが、本来そら豆…

  9. ネバネバの定番食材というと納豆やオクラなどが挙げられますが、 トロネバ食材といえば長芋ですよね! ホカホカのご飯の上にすりおろした長芋をかけて食べるとサラサラと食べられるため、食欲が湧かない夏場には最適です。 しかし、長芋…

  10. よく「みょうがを食べると物忘れをする」という言葉を耳にします。 しかし、実際はみょうがを食べても忘れっぽくなったり、物忘れがひどくなるなんてことは起こりません。 なぜこのような噂が広まってしまったのでしょうか。 「みょうが…

  11. しいたけは1年に2度旬を迎える食材です。 早春の3月から5月にかけてと秋口の9月から11月にかけてですが、しいたけの季語は秋ですので、初物として召し上がる際は9月となります。 初物のしいたけはピンとした張りがあり、群を抜いた香り…

  12. 生姜は薬効の高い食材として世界各国で漢方や民間薬、香辛野菜としてたいへん重宝されています。 特に中国では紀元前より薬として使用されていたことが記録として残っており、古くから多くの人々の健康を支えてきたことがうかがえます。 生姜が…

  13. じゃがいもは今から400年以上前に日本へ伝わった栄養価の高い食材の1つです。 しかし、じゃがいもがやってきた当初は日本人には受け入れがたい風味だったため、現在のように食べられることはありませんでした。 じゃがいもを日本人の舌に合…

RETURN TOP

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中

おすすめカテゴリー記事